ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州の大雨はもう去ったが、10日の大雨で、チエテ川の下流域の市では、氾濫が起きたところが少なくないという。これは上流で降った雨が全部集まって流れ込むためで、ピラポーラ・デ・ボン・ジェズスやサウトといった市では、水害で住処を失った人も多い。前者に至っては120人ほどが避難所生活を強いられているという。また、サンパウロ市ピニェイロス川沿いにある自転車道(CPTM9号線でいえば、ヴィラ・オリンピア~ヴィラ・ロボス駅間)は、10日の氾濫で修復作業が必要となり、しばしの間、使用禁止となった。こうした爪痕からの早めの復旧を祈るばかりだ。
     ◎
 南マット・グロッソ州マトゥパーで12日、男性が右腕を切り落とされて亡くなるというショッキングな事件が起きた。この男性はアラブ系企業家のファイサル・イブラヒム・アブドゥラマン・ヨウネス氏(49)だ。警察はファイサル氏の義父による犯行とみて捜査しているが、義父は逃走中だ。ファイサル氏と妻は11日夜、子供を病院に連れて行ったが、夫が暴行を加えたため、妻が父親に迎えにきてと頼んだところ、ファイサル氏と父親(義父)が喧嘩になり、大型ナイフで切りつけてしまったという。
     ◎
 サッカーのリベルタドーレス杯の予選ラウンドで12日、コリンチャンスは本拠地イタケーラで、グアラニー(パラグアイ)に2―1で勝ったが、予選落ちとなった。先週行われた敵地戦との合計では2―2だが、敵地ゴールの差でグアラニーに軍配があがった。コリンチャンスにとってはリ杯のない淋しい1年となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年8月22日 東西南北  サンパウロ州でも19日頃から急に冷え込みが厳しくなった。南極から寒気団が北上しているためで、すでにブラジル南部では降雪を記録したところが何カ所もある。サンパウロ州でも今週末の冷え込みは厳しく、予報だと22日には最高気温が14度以上にあがらず、最低気温も8度前後になるとか。標高 […]
  • 東西南北2020年2月7日 東西南北  連日報じている、サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポでの宝石商親子3人の殺害事件に関して、5日、一家の長女であるアナ・フラヴィア容疑者とその恋人のカリーナ・ラモス容疑者が、犯行への関与を認めた。二人は逮捕以降、一貫して関与を否認し続けていた。だが、二人の供述によると、 […]
  • 《五輪サッカー》U23ブラジル代表がウルグアイに圧勝=決勝リーグ進出に大きく前進2020年1月24日 《五輪サッカー》U23ブラジル代表がウルグアイに圧勝=決勝リーグ進出に大きく前進  コロンビアで開催されている東京五輪男子サッカーの南米地区予選で22日、U23ブラジル代表がウルグアイに3―1で圧勝し、決勝リーグ進出へ大きく前進した。  ウルグアイは序盤、エース、ディエゴ・ロッシ(ロサンゼルスFC)が攻め込み、シュートを狙うシーンを見せたが、前半1 […]
  • 東西南北2020年1月23日 東西南北  18日からコロンビアで男子サッカーのU23南米選手権(東京五輪予選)が開催されており、決勝リーグに進めば、U23代表選手は2月9日まで拘束される。だが、サッカーサンパウロ州選手権は22日に開幕しており、コリンチャンスはペドリーニョとアラオス(チリ)、サンパウロはアントニーとイ […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]