ホーム | 日系社会ニュース | 石川レナト氏がサンパウロ名誉市民章=「社会のために尽くしたい」=文協大講堂で盛大に授与式

石川レナト氏がサンパウロ名誉市民章=「社会のために尽くしたい」=文協大講堂で盛大に授与式

石川レナト氏と来賓らで記念写真

 ブラジル日本文化福祉協会の会長及びサンタクルス(SC)病院の理事長を務める石川レナト氏(81、二世)のサンパウロ名誉市民章授与式が、今月12日夜に文協大講堂で開催され、約500人が祝いに駆けつけた。野村アウレリオ・サンパウロ市議が推薦した。
 来賓の野口泰在サンパウロ日本国総領事は、「石川氏はNEC・ド・ブラジルの社長時代には、ブラジルへ日本のシステムを導入させた。近年はサンタクルス病院の経営を立て直し、日本の大学と学術的交流を強めた」と手放しで称賛した。
 さらに「文協の会長に就任して1年しか経っていないが、ここでも経営手腕を発揮している他、若者の活躍を後押ししている。また、全伯の日系団体をまとめ上げている」と功績を称えた。
 日本の筑波大学の大根田修国際室長は「去年ラグビーW杯が日本で開催され、『1チーム』という言葉が有名になった。彼はそれをブラジルで実行している」と称えた。
 サンタクルス病院の副理事長で弁護士の二宮正人弁護氏は、出席が叶わなかった山田彰駐ブラジル特命全権大使の手紙を日本語とポルトガル語で代読し、「石川さんにこの章はふさわしい」と読み上げた。
 石川氏は来場者全てに感謝を述べた後、今までの人生と成し遂げてきた功績を振り返り、「まだ私は若く、まだ人生の最後のプランは見えていない。ずっと社会のために尽くし働きたい」と若々しく締めくくった。

 その後、野村市議から石川氏へ表彰状が手渡された。文協女性コーラスや、来伯したペルー日系人協会のアベル・フクモト会長らが花束を贈り、石川氏は妻ケイコ・オルガさんと共に受け取った。また、環境芸術家の豊田豊さんからは絵画をプレゼントされた。
 石川氏は、日系人としてNEC・ド・ブラジルで初めて社長に就任した。NECを引退後は日系社会で精力的にボランティア活動を行い、文協の会長とSC病院の理事長を務める傍ら、不動産開発業等を手掛けるCNL社とコーヒー生産や牧畜を行うアリアンサ農場を経営している。
 来賓には、ブルーノ・コヴァス市長代理のロドリゴ・マッシ氏、元サンパウロ州高等裁判事の渡辺和夫氏、二宮氏等も登壇し祝辞を述べた。


□関連コラム□大耳小耳

 今月12日夜に文協大講堂で行われた石川レナト氏(81、二世)のサンパウロ名誉市民章授与式に出席した、日本の筑波大学の大根田修国際室長は、「ここに座ってください、といきなり今日言われた。石川さんはいつも私を驚かせる」と言い、会場の笑いを誘っていた。今回の来伯はサンタクルス病院との打ち合わせだったそうで、大根田国際室長を驚かせようと石川氏が内緒で授与式出席を仕組んでいたのだとか。してやったりとの笑みを顔に浮かべていたのが、いつまでも“若い”、いたずら好きな石川氏らしいところか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(10)=医療皆無の戦前日本人集団地2020年7月17日 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(10)=医療皆無の戦前日本人集団地  野口英世が米国に戻ってすぐ、同24年に「同仁会」という日本人医師会が組織された。日系医療・福祉団体の始まりだ。  それが中心になって全移民の悲願として日本病院(現サンタクルス病院)の建設計画が1930年代に進められ、今から81年前、1939年4月29日に落成式が行わ […]
  • 石川レナト氏に名誉市民章=12日に文協大講堂で授与式2020年1月25日 石川レナト氏に名誉市民章=12日に文協大講堂で授与式  ブラジル日本文化福祉協会会長およびサンタクルス病院理事長を務める石川レナト氏が、サンパウロ市議会から名誉市民章を授与されることになった。野村アウレリオ市議の提案。  2月12日(水)午後7時半から文協大講堂で授与式が行われる。当日は招待客のみ。招待状を受け取った人は […]
  • コロニア10大ニュース=1位はアマゾン移住90周年=平成から令和へ日系社会も祝賀2019年12月27日 コロニア10大ニュース=1位はアマゾン移住90周年=平成から令和へ日系社会も祝賀  今年の日系社会で大きな節目だったのは、アマゾン日本人移住90周年だ。現地からの声を、今年後半、本紙ではできる限り紙面に掲載した。9位にある通り、県人会や各日系団体の周年行事も多かった。6位の「日本語教育推進法」は新年から実施され、その効果の程がいよいよ判明する。母県から助けて […]
  • 【サンタクルス病院開院80周年祝う】永田筑波大学長ら9人来伯=サンパウロ市議会が記念顕彰2019年7月2日 【サンタクルス病院開院80周年祝う】永田筑波大学長ら9人来伯=サンパウロ市議会が記念顕彰  在ブラジル日本人同仁会が1939年4月29日に落成し、「日本病院」として親しまれたサンタクルス病院(石川レナト理事長)。その開院80周年記念事業が6月1日から5日までの5日間開催された。1日には日本から筑波大学、今川医療福祉グループ、現地のサンパウロ州総合大学(USP […]
  • 五輪と日系社会=医療支援に宿舎確保=邦人観戦「支えたい」2016年7月27日 五輪と日系社会=医療支援に宿舎確保=邦人観戦「支えたい」  【サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロ共同=遠藤幹宜、渡辺雅弘】リオ・デ・ジャネイロ五輪開幕が間近に迫ってきた。劣悪な治安、ジカ熱、準備遅れ…。不安要素ばかり指摘される中、ブラジルにある海外最大の日系社会は「祖先の故郷から来る同胞を支えたい」との熱い思いを胸に、日本人観戦客の受け […]