ホーム | ブラジル国内ニュース | 《コロナウイルス》ブラジル電子機器産業に痛手=中国からの輸入部品滞る=一部で休業、休暇措置も

《コロナウイルス》ブラジル電子機器産業に痛手=中国からの輸入部品滞る=一部で休業、休暇措置も

エンリケ・マンデッタ保健相(中央)とジョアン・ドリア、サンパウロ州知事(左)(サンパウロ州政府より)

 【既報関連】中国を発生源とした新型コロナウイルス肺炎(COVID―19)の世界的流行により、中国からの部品が届かなくなったことで、ブラジル国内でも工場の生産活動などへの影響が拡大している。また、今週は、検査基準が変更された上に、ブラジル国内のコロナ感染者が正式に確認されたことで、ブラジル保健省が毎日発表している「検査中」の人の数が急増した。28日付現地各紙が報じている。

 ブラジル電気電子工業会(Abinee)のウンベルト・バルバト会長によると、国内の情報機器関連工場の労働者2万~3万人は、一時的な時短や集団休暇などの対象となるという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ