ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州海岸部=集中豪雨で12人の死者=救出作業中の消防士も殉職

サンパウロ州海岸部=集中豪雨で12人の死者=救出作業中の消防士も殉職

グアルジャー市の土砂崩れの現場(マカコの丘、3日付G1サイトの記事の一部)

 サンパウロ州バイシャーダ・サンチスタ地区が2~3日に集中豪雨に見舞われ、3日午後0時40分現在で、死者12人、行方不明者46人という惨状になっていると3日付現地紙サイトが報じた。
 2日からの雨は12時間で100ミリを超える強いもので、サンヴィセンテとグアルジャー、サントスでは死者も出た。
 人的被害が最も大きいのはグアルジャー市で、ヴァウテル・スマン市長が被災地域を上空視察した上、緊急事態を宣言。3日未明に起きた土砂崩れは7カ所に及び、3日昼過ぎの段階で、死者6人、行方不明32人と報告されている。
 特に深刻なのはベラ・ヴィスタ区のマカコ・モリャードの丘で、未明に起きた土砂崩れで、倒壊家屋にいた母親と赤ん坊が死亡。救出活動中だった消防士も1人、新たに起きた土砂崩れに巻き込まれて殉職した。救出作業中の消防士と手伝っていた男性ら計4人が行方不明となっている。
 ジャルジン・センテナリオ区でも2人が死亡、ヴィラ・バイアナ区では、一旦救助された女性が病院で息を引き取った他、28人が行方不明となっている。
 サンヴィセンテ市でも、バルボーザスの丘、イーリャ・ポルシャト、パルケ・プライニャで土砂崩れが起き、3人が死亡。土砂崩れに気づき、家から出ようとした夫妻が、濁流にのまれて行方不明になった。ヴィラ・ヴァレンサ区では高齢者専門の医療施設の床が崩れ、男性1人が行方不明となった。残りの収容者は、社会福祉局の手で避難所に移された。同市のペドロ・ゴウヴェア市長も非常事態を宣言した。
 サントス市も似通った状況で、3日朝までに救急車が搬送した負傷者は7人。内、テテウの丘で起きた土砂崩れで負傷した30歳女性は助からなかった。残り6人中、5人は骨折などを起こして入院中。入院中の7歳女児の母親で軽傷だった女性には退院許可が出た。同市でも行方不明者が11人出ている。
 降り始めから12時間の雨量は、グアルジャーの282ミリ、サントスの218ミリを筆頭に、軒並み100ミリを超えている。また、海岸部を繋ぐ道路や海岸部に向かう道路は一部、倒木や土砂崩れで通行止めとなっている。
 なお、2月29日からの雨で4人の死者が出ていたリオ州では、2日も雨が降り、新たな被害が出た。また、行方不明者の遺体が見つかり、死者数5人に増えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「疑いなく良い補強」=本田移籍が取り沙汰される、ボタフォゴ監督が会見2020年1月25日 「疑いなく良い補強」=本田移籍が取り沙汰される、ボタフォゴ監督が会見  ブラジリア時間23日昼過ぎ、「元サッカー日本代表MFの本田圭佑がリオのボタフォゴと加入に向けて交渉中」と報じられ、24日にボタフォゴの監督会見が行われた。  同チーム監督のアルベルト・ヴァレンチン氏は本田加入の可能性について、次のようにコメントしている。  ヴァレンチン氏 […]
  • 《ブラジル》海岸汚染の原油を炭に変換=セメント製造や建設などで再利用?2019年10月24日 《ブラジル》海岸汚染の原油を炭に変換=セメント製造や建設などで再利用?  8月30日以降、ブラジル北東部9州の海岸などに漂着し、海洋性の動植物や産業などに多大な影響を与えている原油を、炭素化合物(炭)に変えて、再利用する試みが行われている。  厄介物の原油の一部を再利用する試みは、バイア州連邦大学(UFBA)の化学研究室で行われている。 […]
  • 世界一の洋上書店がリオに=80万冊の本を載せて6日まで2019年10月3日 世界一の洋上書店がリオに=80万冊の本を載せて6日まで  全長132・5メートル、9階建ての大型船舶を使った、世界一の洋上書店ロゴス・ホープ号がリオのプラッサ・マウア埠頭に停泊している。  ロゴス・ホープ号のブラジル寄港は初めてで、アルゼンチンからブラジルを経てカリブ海に向かう。8月中はサンパウロ州のサントス港に停泊してい […]
  • 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表2019年8月17日 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表  ブラジルサッカー連盟は16日、9月に行われる親善試合のため、フル代表と五輪代表(22歳以下)の代表選手、合わせて46人を発表した。  まず、フル代表は以下の通り。  〈キーパー〉エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン(パルメイラス)、イヴァン(ポンテ […]
  • 年金改革通過、景気振興策の矢先=ルーラ出所で衝撃の政界や経済界=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2019年11月12日 年金改革通過、景気振興策の矢先=ルーラ出所で衝撃の政界や経済界=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月8日(金)、汚職容疑でクリチバ連邦警察署の独房に拘留されていたルーラ元大統領が釈放されました。  ルーラは「貧しい東北地方の出身で、恵まれない一般庶民の気持ちが良くわかる」「2018年、反対勢力に謀られて(?)刑務所に押し込まれてしまったが、それまでは虐げられ […]