ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州海岸部=集中豪雨で12人の死者=救出作業中の消防士も殉職

サンパウロ州海岸部=集中豪雨で12人の死者=救出作業中の消防士も殉職

グアルジャー市の土砂崩れの現場(マカコの丘、3日付G1サイトの記事の一部)

 サンパウロ州バイシャーダ・サンチスタ地区が2~3日に集中豪雨に見舞われ、3日午後0時40分現在で、死者12人、行方不明者46人という惨状になっていると3日付現地紙サイトが報じた。
 2日からの雨は12時間で100ミリを超える強いもので、サンヴィセンテとグアルジャー、サントスでは死者も出た。
 人的被害が最も大きいのはグアルジャー市で、ヴァウテル・スマン市長が被災地域を上空視察した上、緊急事態を宣言。3日未明に起きた土砂崩れは7カ所に及び、3日昼過ぎの段階で、死者6人、行方不明32人と報告されている。
 特に深刻なのはベラ・ヴィスタ区のマカコ・モリャードの丘で、未明に起きた土砂崩れで、倒壊家屋にいた母親と赤ん坊が死亡。救出活動中だった消防士も1人、新たに起きた土砂崩れに巻き込まれて殉職した。救出作業中の消防士と手伝っていた男性ら計4人が行方不明となっている。
 ジャルジン・センテナリオ区でも2人が死亡、ヴィラ・バイアナ区では、一旦救助された女性が病院で息を引き取った他、28人が行方不明となっている。
 サンヴィセンテ市でも、バルボーザスの丘、イーリャ・ポルシャト、パルケ・プライニャで土砂崩れが起き、3人が死亡。土砂崩れに気づき、家から出ようとした夫妻が、濁流にのまれて行方不明になった。ヴィラ・ヴァレンサ区では高齢者専門の医療施設の床が崩れ、男性1人が行方不明となった。残りの収容者は、社会福祉局の手で避難所に移された。同市のペドロ・ゴウヴェア市長も非常事態を宣言した。
 サントス市も似通った状況で、3日朝までに救急車が搬送した負傷者は7人。内、テテウの丘で起きた土砂崩れで負傷した30歳女性は助からなかった。残り6人中、5人は骨折などを起こして入院中。入院中の7歳女児の母親で軽傷だった女性には退院許可が出た。同市でも行方不明者が11人出ている。
 降り始めから12時間の雨量は、グアルジャーの282ミリ、サントスの218ミリを筆頭に、軒並み100ミリを超えている。また、海岸部を繋ぐ道路や海岸部に向かう道路は一部、倒木や土砂崩れで通行止めとなっている。
 なお、2月29日からの雨で4人の死者が出ていたリオ州では、2日も雨が降り、新たな被害が出た。また、行方不明者の遺体が見つかり、死者数5人に増えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2007年6月29日 サンパウロ市カーニバル=「優勝で百周年に華添える」=ヴィラ・マリア=テーマ「移民百周年」=お披露目式盛大に 2007年6月29日付け  今年の移民の日には、少し風変わりな祝典も行われた。サンパウロ市北東部にあるサンバチーム、ウニードス・デ・ヴィラ・マリアは十八日夜、百周年記念協会役員やサンパウロ市日系社会代表者らを同クアドラ(会館)に招待し、日本移民百周年という来年のカーニバル […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今2020年12月3日 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今  例年なら7月1日に調整されるサンパウロ州の州道の通行料が、新型コロナのために5カ月先延ばしされ、12月1日に調整された。  料金調整の対象となったのはアンシエッタ、イミグランテス、アニャンゲーラ、バンデイランテス、プレジデンテ・カステロ・ブランコ、ラポゾ・タヴァレス […]
  • 東西南北2020年12月1日 東西南北  自分が推薦した候補の勝率が市長選で芳しくなかったボルソナロ大統領だが、2年後は自分の大統領選が控えている。それに備えた「対策」なのか、以前のような手作業の票集計に戻すよう主張している。本人の意見では「その方が正確」とのこと。だがその証拠はなく、ルイス・ロベルト・バローゾ選挙高 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]