ホーム | ブラジル国内ニュース | 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認

《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認

 3月9日の時点で、ラテンアメリカ諸国の中で、新型コロナウイルス感染症(COVID―10)の感染者が確認された国は、エクアドル、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドミニカ共和国、チリ、ペルー、コロンビア、コスタリカ、パラグアイの10カ国となった。
 アルゼンチンでは7日に、フランス旅行の帰りに発症したギレルモ・アベル・ゴメスさん(65)が死亡し、同国またラテンアメリカで最初の死者となった。この男性はコロナウイルスに感染する前から、糖尿病、腎不全、高血圧などの慢性病を抱えていた。アルゼンチンの感染者は合計11人だ。
 アルゼンチン保健省は声明を発表し、感染拡大が進んでいる、イタリアやスペイン、フランス、ドイツ、中国、日本、韓国、イランなどの国々を訪れた公立および私立学校の学生(生徒)と教職員は、14日間は学校に出て来ず、自宅に留まるよう求めた。
 コロンビアも9日、新たに2人の感染を確認したと発表した。同国保健省は、感染が確認されたのは、ブガ在住の34歳の男性と、メデリン在住の50歳の女性だと発表した。2人ともスペインに旅行歴があり、容体は安定している。コロンビア国内で正式に感染が確認された患者はこれで3人だ。当局は、今回感染が確認された2人と接触した疑いのある人々を探している。
 その他の国の9日現在の感染者数は、エクアドル15人、ブラジル25人、メキシコ7人、チリ10人、ドミニカ共和国2人、コスタリカ9人、ペルー6人、パラグアイ1人となっている。(9日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も2020年3月17日 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も  【既報関連】中国や韓国、日本などのアジア諸国、イタリアやフランス、スペインなどに比べると感染ペースの遅いラテン・アメリカ諸国だが、その分、国境閉鎖などの思い切った措置を早めに取り始めていると、16日付ブラジル紙・サイトが報じた。  アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大 […]
  • 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる2020年3月14日 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる  ペルナンブコ州保健局が13日、12日にレシフェ港に着いたクルーズ船の乗客が新型コロナウイルス感染症らしき症状を呈したため、乗客乗員計609人が船ごと隔離状態に置かれたと発表したと13日付現地紙、サイトが報じた。  件の乗客は78歳のカナダ人男性で、心筋梗塞の可能性が […]
  • 《ブラジル》コロナウイルスの判定訓練=2日間で9カ国の代表10人に2020年2月12日 《ブラジル》コロナウイルスの判定訓練=2日間で9カ国の代表10人に  リオ市にあるオズワルド・クルス財団(Fiovruz)研究所で6~7日の2日間、新型コロナウイルスに感染しているか否かの判定を行うための訓練が行われた。  中南米の9カ国10人の代表への訓練は、ブラジル保健省と汎米保健機構(Opas)が提携して開催。各国・地域の保健医 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]