ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》政権発足後初の“鍋たたき抗議”=罷免の請願書も地方議員が提出

《ブラジル》政権発足後初の“鍋たたき抗議”=罷免の請願書も地方議員が提出

 17日午後8時半から同10時20分頃にかけて、サンパウロ市、リオ市、ベロ・オリゾンテ市、ブラジリアなどで、パネラッソ(ベランダで鍋を叩く政権への抗議行動)が発生。窓からは「ボウソナロ出て行け!」や「ミリシア(民兵)の頭領出て行け!」などの叫び声も飛んだと19日付現地各紙が報じた。
 2月末に国内初の新型コロナウイルスの感染者が確認されてから、感染者数は日を追うごとに増えていたが、大統領は危機意識が薄く、自らも感染の疑いが晴れていないのに、15日には自分を支持するデモ隊の前ではしゃぎ、保健省が国民に呼びかけたのと逆行する行動をとった。
 18日にはようやく、非常事態宣言を承認するように議会に要請する意向を表明し、コロナ災禍への態度を変えたが、国民の命を軽視するかのような態度に、一部の国民から怒りの声が湧き上がっている。
 また、17日には大統領罷免を求める初の請願書が下院に提出された。請願書を出したのはブラジリア連邦直轄区(DF)選出議員のレアンドロ・グラス氏(Rede)だ。請願書には、「議会、裁判所を批判するデモを擁護したこと。ジャーナリストを公の場で売女呼ばわりしたこと。『18年選挙は1回目投票で過半数を取っていたのに、違反行為があって2回目の投票をせざるを得なかった』と発言したことが、大統領の職責放棄にあたる」と記されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で2020年9月23日 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で  エネルギー環境研究所(Iema)が22日、パンデミックのせいでバス運行本数が減ったため、サンパウロ市の二酸化炭素排出量が52%も減ったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  国際ノーカーデーにちなんで発表されたのは、4月の平日の大気汚染の状態を、パンデミック前の2月の平日 […]
  • 東西南北2020年9月23日 東西南北  新型コロナウイルスの感染爆発の最中に評判が上がった企業のひとつに、家具や電子電気機器の小売業者マガジネ・ルイーザがある。これまでも、「外出自粛期間中の従業員解雇なし」「ネット販売の送料無料」「コロナ対策への巨額寄付」などが話題となっていたが、同社は現在、「黒人のみを対象とした […]
  • JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは2020年9月23日 JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは  最終日にクリーク・アンド・リバー社の松永雄さんが、日本文化として世界で広く普及される「アニメ」を中心にポップカルチャーを紹介。日本だけでなく海外人気も高い「ワンピース」「ナルト」「鬼滅の刃」などでも作品中でリーダーシップについてわかりやすく描かれているそう。スライドに […]
  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]
  • 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加2020年9月22日 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加  サンパウロ市市役所が行った調査によると、住民の13・9%は既に新型コロナウイルスに感染し、抗体を持っている事がわかった。  新型コロナ抗体率を調べる調査は5回目で、市内全域の保健所(UBS)472カ所の管轄の住民の中から無作為に選ばれた2226人を調査した結果、抗体 […]