ホーム | コラム | オーリャ! | □コロナ禍緊急日誌□

□コロナ禍緊急日誌□

 印刷版が一時停止になった本日付から、随時でこの欄を始めることにした。通常は20人近くがガヤガヤと仕事をする編集部だが、今週から大半が在宅勤務となり、現在はわずか3人のみ。
 州知事の外出禁止令を受け、リベルダーデ区のレストランも全て閉店。わずかに丸海、ブエノ、海鮮、金沢、小坂などのスーパーや商店がほそぼそと時短営業するのみ。
 23日(月)、印刷版の一時停止を検討する会議で決定打となったのは、「モトケイロ(バイク配達人)の話では、アパートによってはウイルスが怖くて新聞どころか郵便物すら受け取らない門番が出てきている」との証言だった。
 たしかに「家に帰ったらカギやノブ、服も消毒・洗浄した方がいい」というニュースが流れるご時世に、「新聞紙だけはキレイ」と言うのは難しい。いずれ日本でも同じようになるのかも。
 外出禁止で自宅にこもっている間、どのように時間を使って楽しんでいるとか、どんな工夫をして体を動かしているとか、ぜひ編集部メール(redacao@nikkeyshimbun.jp)までご連絡を。頂いたメールはこの欄で紹介します。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月8日 □コロナ禍緊急日誌□  「新聞を読みたいのですが、コンピューターもスマホもやらないんです。なんとかなりませんか?」。そんな電話が編集部に毎日かかってくる。「本当に申し訳ありません」と電話口で、毎回頭を下げる。だが25日付から印刷版を停止して、PDF版とサイト(www.nikkeyshimbun.jp […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月4日 □コロナ禍緊急日誌□  2日午後、ある県人会事務局から編集部に電話があり、「県庁に送った荷物が中々届かない。一体どうなっているのか」という問い合わせがあった。郵便局関係者に聞くと、現在、ブラジルに限らずどこの国でも航空貨物や郵便物を防疫・検疫するために消毒作業をするようになり、通常より時間がかかって […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月7日 □コロナ禍緊急日誌□  4日(土)昼、自宅で電話にでたら、「葬儀保険の申し込みをしませんか。月々39レアルで、いざという時には…」という宣伝文句を流す録音音声だった。来週か再来週には感染爆発が起きても不思議はないというタイミングであり、皆がコロナ感染におびえて、外出を自粛しているこのご時世だけに、「 […]
  • ジャパンハウスは何を見せるところなの?2016年7月1日 ジャパンハウスは何を見せるところなの?  ジャパンハウスに対するコロニアの目は実に厳しい。日系社会との意見交換をこれまで2度行なったが、会合には静観する雰囲気が漂う。 「諸外国の反日感情にはどう対応するのか」「日本独自の最先端技術をどう伝えるのか」。質疑応答では、日系社会側からの日本の外交戦略を憂う声が上がる。 ジャ […]
  • 帰国予定者は早めの出国を=在サンパウロ総領事館が呼びかけ2020年4月9日 帰国予定者は早めの出国を=在サンパウロ総領事館が呼びかけ  新型コロナウイルスの影響により、ブラジル政府が全世界からの入国禁止処置を講じ、日本国政府もブラジルへの渡航中止勧告を出した。  その関係で、ブラジル日本間を行き来する航空便の減便・休便が目立ってきている。  その事態を受け、在サンパウロ日本国総領事館(野口泰)は、帰国する […]