ホーム | コラム | オーリャ! | □コロナ禍緊急日誌□

□コロナ禍緊急日誌□

 印刷版が一時停止になった本日付から、随時でこの欄を始めることにした。通常は20人近くがガヤガヤと仕事をする編集部だが、今週から大半が在宅勤務となり、現在はわずか3人のみ。
 州知事の外出禁止令を受け、リベルダーデ区のレストランも全て閉店。わずかに丸海、ブエノ、海鮮、金沢、小坂などのスーパーや商店がほそぼそと時短営業するのみ。
 23日(月)、印刷版の一時停止を検討する会議で決定打となったのは、「モトケイロ(バイク配達人)の話では、アパートによってはウイルスが怖くて新聞どころか郵便物すら受け取らない門番が出てきている」との証言だった。
 たしかに「家に帰ったらカギやノブ、服も消毒・洗浄した方がいい」というニュースが流れるご時世に、「新聞紙だけはキレイ」と言うのは難しい。いずれ日本でも同じようになるのかも。
 外出禁止で自宅にこもっている間、どのように時間を使って楽しんでいるとか、どんな工夫をして体を動かしているとか、ぜひ編集部メール(redacao@nikkeyshimbun.jp)までご連絡を。頂いたメールはこの欄で紹介します。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ禍=「制御不能は全レベルの責任」=マナウスの窮状報道でWHO=感染者850万、死者21万に2021年1月19日 《ブラジル》コロナ禍=「制御不能は全レベルの責任」=マナウスの窮状報道でWHO=感染者850万、死者21万に  【既報関連】14日にアマゾナス州マナウス市で起きた病院での酸素欠乏と患者の窒息死の報道後、世界保健機関(WHO)が15日、「新型コロナウイルスが制御不能となるのは個人から政府までの全レベルの責任」との見解を表明。18日には感染者850万人、死者21万人を超える事が必至 […]
  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • 《ブラジル》太陽光発電が大幅に増加=初期費用の大幅低減で2021年1月19日 《ブラジル》太陽光発電が大幅に増加=初期費用の大幅低減で  持続可能な開発などに対する投資が盛んになる中、エネルギー部門においても太陽光発電が大幅に増えていると18日付現地紙が報じた。  2020年の太陽光発電への投資は130億レアルに上り、発電能力も4・6ギガワットが7・5ギガワットに増えた。内2・2ギガワットは、屋根の上やビルの […]
  • 《ブラジル》大統領派女性下議=ツイッターから警告処分=クロロキンがコロナに効くとの投稿で2021年1月19日 《ブラジル》大統領派女性下議=ツイッターから警告処分=クロロキンがコロナに効くとの投稿で  ボルソナロ大統領支持派の代表的人物として知られるカルラ・ザンベッリ下議(社会自由党・PSL)が16日、大統領が新型コロナウイルスの治療薬として推奨してきたクロロキンに関する投稿をツイッター社から「虚偽の情報」と指定される処分を受けた。16日付現地紙が報じている。  問題の投 […]
  • 東西南北2021年1月19日 東西南北  15日から17日、3夜連続で、ボルソナロ大統領に対する抗議行動としての鍋叩き「パネラッソ」が行われた。主にサンパウロ市やリオ市などの州都で、日によって参加する市や人の数も異なったが、16日午後6時の場合は九つの州都で、「辞めろ、ボルソナロ!」などの掛け声と共にカンカンと鍋が叩 […]