ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州コロナ禍=死者続出病院の背景を捜査=市保健局は営業停止を要請

サンパウロ州コロナ禍=死者続出病院の背景を捜査=市保健局は営業停止を要請

 【既報関連】サンパウロ州検察局が1日に、サンパウロ市のサンタ・マジオレ病院での新型コロナ感染症拡大に関する新たな捜査を開始したと同日付現地紙、サイトが報じた。「サンタ・マジオレ」は、高齢者向け保健プランを運用するプレヴェント・セニオルが経営する8病院に付けられた名前で、パライゾの病院では全国初の新型コロナによる死者が出た。
 同病院は高齢者に対応しており、ハイリスクの患者が集中しているが、死者が出るまで、コロナに感染した患者や疑似症患者がいる事が州保健局に報告されてなかった。1日の捜査開始時点でのサンパウロ州のコロナ感染症の死者139人中、79人は同病院網での死者だ。
 新たな捜査では、州保健局がコロナへの感染拡大を防ぐために定めた規定が正しく適用されていたかなどを調べる。報告義務を怠った、職務怠慢に関する捜査は3月30日に始まっている。
 新たな捜査開始に際して、プレヴェント・セニオルは、患者が新型コロナに感染しているかは救急外来での診察時に検査しており、院内感染は起きてないとしている。
 だが、州保健局と市保健局による監査では、重症患者の検査を行っていない、集中治療室が感染者用と非感染者用に分けられていないなどの問題点も見つかっている。
 この状態は、州保健局や国際保健機関が定めた新型コロナ対策が適切に適用されていない事を示す。また、病院側が報告を怠った事で、保健局も必要な指導を行えなかった事、コロナに感染していない患者や現場で働く医療関係者への感染の可能性が非常に高かった事も明らかになった。
 病院網の監査は、州保健局が単独で行った1回も含めた3度で、サンパウロ市保健局は3月29日、パライゾ、ピニェイロス、サンタセリシアの3病院の営業停止を州保健局に要請。エンリケ・マンデッタ保健相も3月31日、「免疫力のレベルも違う高齢者を何百人も扱うのに、院内感染を招き、重大な事態を招いた」として、営業差し止めの可能性を示唆した。
 1日現在の聖州の感染者は2981人、死者は164人だが、同州ではコロナ感染が疑われる死者が201人いる上、同州で1万6千件、全国では2万3千件の検査が結果待ちで、感染者、死者共に、実態把握が出来ているとは言い難い。
 感染が疑われる死者の中には、ミナス州の小児科病院で死亡した子供の例も含まれる。このような現状を受け、国家法務審議会と保健省は3月31日、呼吸器系疾患で亡くなった人について、死因が特定出来ていなくても埋葬する事と、死後60日以内に死亡証明書を発行する事を認めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」2020年5月14日 サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」  【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。  11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶 […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ大統領、コロナ禍でも営業できる「基幹業務」を拡げる=「州の権限脅かさず」とも2020年4月30日 《ブラジル》ボウソナロ大統領、コロナ禍でも営業できる「基幹業務」を拡げる=「州の権限脅かさず」とも  【既報関連】ブラジルのボウソナロ大統領は29日朝、コロナ禍の最中も営業が認められる「基幹業務」の定義を拡大する大統領令を出したと、同日付現地各サイトが報じた。  社会隔離政策として、基幹業務以外の営業停止令を発令しているサンパウロ州のドリア知事、リオ州のヴィッツェル知事など […]
  • 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に2020年5月8日 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に  【既報関連】サンパウロ総合大学(USP)医学部がサンパウロ市内6地区の住民ボランティアに行っている、新型コロナウイルスの免疫検査が8日に終了すると7日付現地紙サイトが報じた。  この検査はサンパウロ市内のコロナ感染の実態を探るためのもので、4月17日現在で住民10万人あたり […]
  • 《ブラジル》企業の好感度調査でMルイーザが圧倒的な人気=隔離政策の積極協力が支持され2020年4月21日 《ブラジル》企業の好感度調査でMルイーザが圧倒的な人気=隔離政策の積極協力が支持され  新型コロナウイルス対策に伴う隔離政策開始後に行われた企業の好感度調査で、スーパーのマガジン・ルイーザなど、同政策に積極的に協力した企業の好感度が上がっていることがわかった。20日付エスタード紙サイトが報じている。  HSRという団体が行った最新調査によると、マガジン・ルイー […]
  • 《サンパウロ州》今年の母の日は8月?=コロナ禍でドリア知事が提案2020年4月25日 《サンパウロ州》今年の母の日は8月?=コロナ禍でドリア知事が提案  新型コロナウイルスによる商戦の打撃などを考慮し、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事が、「母の日」を今年は5月から8月に延したいとする意向を示している。  母の日は5月の第2日曜日で、ブラジルでは例年、「クリスマスに次ぐ、第二の商戦日」に位置付けられている。  だが、今年は […]