ホーム | コラム | オーリャ! | □コロナ禍緊急日誌□

□コロナ禍緊急日誌□

 2日午後、ある県人会事務局から編集部に電話があり、「県庁に送った荷物が中々届かない。一体どうなっているのか」という問い合わせがあった。郵便局関係者に聞くと、現在、ブラジルに限らずどこの国でも航空貨物や郵便物を防疫・検疫するために消毒作業をするようになり、通常より時間がかかっているらしい。もちろん、飛行機便が減便している路線もあり、その場合は特に時間がかかるようだ。コロナ災禍の影響は、あらゆるところに出ていると実感。
     ◎
 2日から東洋街の道行く人の姿が明らかに増え、三重県橋下のラジアル・レステ・オエステ高速道を通る車の数もかなり増え、あちこちのバールや商店で内装工が始まった。これはボウソナロ大統領が「ブラジルは止まってはいけない」キャンペーンのせいなのか。それとも「家に居ろ!」キャンペーンで1周間以上も家にこもっていた人たちが、ウンザリして動き出してきたからなのか。まだ感染爆発期には入っていないようだが、確実に感染者数は増えてきている。こんなところで気を抜かない方が良さそうだが…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月30日 □コロナ禍緊急日誌□  昨日、日本からアマゾンの小包が届いてビックリした。中身は本が一冊。国際郵便は止まっているので、なんだろうと思ったらDHLだった。ドイツの国際輸送物流会社で「世界最大の国際輸送物流会社」とも言われる。こんなときでもちゃんと期日通りに配達するとは、さすが「世界最大」だけある。 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年3月25日 □コロナ禍緊急日誌□  印刷版が一時停止になった本日付から、随時でこの欄を始めることにした。通常は20人近くがガヤガヤと仕事をする編集部だが、今週から大半が在宅勤務となり、現在はわずか3人のみ。  州知事の外出禁止令を受け、リベルダーデ区のレストランも全て閉店。わずかに丸海、ブエノ、海鮮、金沢、小 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月10日 □コロナ禍緊急日誌□  10日(金)がPaixão de […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月8日 □コロナ禍緊急日誌□  「新聞を読みたいのですが、コンピューターもスマホもやらないんです。なんとかなりませんか?」。そんな電話が編集部に毎日かかってくる。「本当に申し訳ありません」と電話口で、毎回頭を下げる。だが25日付から印刷版を停止して、PDF版とサイト(www.nikkeyshimbun.jp […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月25日 □コロナ禍緊急日誌□  23日、ブラジルでは1日のコロナ死者数が初めて400人を超えた。前日からいきなり2倍だ。普通は感染者数が2、3日で倍になれば「感染爆発」と判断されるから、死者が1日で倍なら「死者爆発」ともいえそうな恐ろしいレベルではないか。それを受けて、南米とくにブラジルが「新しい感染震央地 […]