ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パラナ州=引退エアバスが公道塞ぐ=購入者の所有地まで輸送中

《ブラジル》パラナ州=引退エアバスが公道塞ぐ=購入者の所有地まで輸送中

モレテス市内を移動するエアバス(1日付G1サイトの記事の一部)

 パラナ州海岸部のモレテス市で1日、A318型のエアバスが公道を移動し、衆目を集めたと同日付G1サイトなどが報じた。
 エアバスは乗客120人を乗せる事ができ、08~13年はチリのリネア・アエレア・ナシオナル社の商用機として南米地区を飛び、13~18年はブラジル国内でアヴィアンカ社の商用機として使われていた。
 だが、第一線引退後の同機をモレテス市在住の企業家夫妻が買い取ったため、陸路で同市中央部にある所有地まで運ぶ事になった。

 同機の輸送を担当したのはパラナ州電力公社の職員と軍警で作った特別班だ。大半の行程は夜の間に国道277線を使って進められたものの、市内の移動は日中となったため、住民や運転手の衆目を集めた。
 国道から夫妻の所有地までの距離は11キロほどで、車なら20分もあれば移動できるが、エアバスの移動には、電線を持ち上げるなどの特別な配慮が必要なため、3時間を要した。
 同市在住の企業家夫妻は飛行機が大好きで、引退後はサンパウロ州サンジョゼ・ドス・カンポス市で放置されていた同機を購入し、自分達の所有地まで持ってきてもらった。近い将来は娯楽スポットとなる可能性もあると述べている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ACAL=島田正市さんに感謝状=音楽で東洋街の名広めた2010年10月9日 ACAL=島田正市さんに感謝状=音楽で東洋街の名広めた ニッケイ新聞 2010年10月9日付け  約360人が参加した『第14回カラオケ大会』を3日に開いたリベルダーデ文化福祉協会(池崎博文会長、ACAL)は、その開会式上、審査委員長で作曲家の島田正市さんを表彰した。 […]
  • 日語セ、日本語文型整理講座2004年2月26日 日語セ、日本語文型整理講座 2月26日(木) […]
  • ブラジルの危険を肌身で感じる醍醐味とか2015年8月27日 ブラジルの危険を肌身で感じる醍醐味とか  先日、パウリスタ通りのレストランで、20代の中国人交換留学生に出合った。彼の滞在はわずか2週間だが「外に出るな」との言いつけを守り、自由時間はホテルに閉じこもっているとか。 「誰から言われたの?」と聞くと、「人に聞いたり、ネットで見たり」。「ブラジル=危険」という過剰な先入観 […]
  • アルゼンチンで邦人殺害=73歳女性、強盗か2016年4月30日 アルゼンチンで邦人殺害=73歳女性、強盗か  【リオデジャネイロ共同】アルゼンチンの首都ブエノスアイレス近郊のフロレンシオバレラ市で27日、日本人女性の遺体が見つかり、地元警察は殺人事件として捜査を始めた。地元メディアが28日伝えた。警察は強盗目的とみて調べている。 在アルゼンチン日本大使館によると、女性は現地在住の小田 […]
  • 名画友の会、7月の上映2016年7月6日 名画友の会、7月の上映  サンパウロ名画友の会(五十嵐司代表)が恒例の『映画鑑賞会』を9、23の両日昼12時半から熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]