ホーム | 日系社会ニュース | 【読者レポート】コロナ禍を逆利用?=サンパウロ市在住 大阪次郎

【読者レポート】コロナ禍を逆利用?=サンパウロ市在住 大阪次郎

コロナウイルス感染抑止のために出た外出自粛令下で、ガランとしたガルボン・ブエノ街(大阪次郎氏撮影)

 新型コロナウイルスの影響で、世界中がドエライことになっている。サンパウロ市では周知のとおり、3月24日(火)から4月7日(火)までの2週間、外出自粛措置が取られ、これが4月22日まで延長されることになった。
 最近では、テレワーク(在宅勤務)という言葉がメディアをにぎわせるようになり、コロナ対策の一環として会社に出勤せずとも、自宅に居ながらパソコンなどを通して仕事をしている人も少なくないようだ。
 私自身、このテレワークを実践しているが、どうしても自宅で長時間にわたって仕事をしているとテレーッとして、だらけてしまうことが多い(これが本当のテレワークか?)。反面、外部から余計な電話があまり掛かってこないため、一定の時間は仕事を集中してできるメリットもある。
 外出自粛措置が取られてからは、基本的に自宅にこもっていることが多い。しかし、食料品の買い物など「有要有急」の事態がある時は、マスクを付けて外出せざるを得ない。外出中は出来る限り、人気(ひとけ)の少ない場所を通り、前から人が歩いてきたら、ギリギリですれ違わず、その人と数メートルの距離をあけたり、道路の向こう側に渡ったりするなど工夫している。
 帰宅後はすぐ、石鹸を付けての念入りの手洗いとうがいを行い、さらに鼻の穴から水を吸い込んでの「鼻の洗浄」も実践。また、アルコールのスプレーを手に付けてこするほか、ドアノブなど帰宅後に手で触れた場所をアルコールで拭き取るなどして消毒している。
 自宅に留まることが増えて困るのは、運動不足になりがちなことと、大好きな野外での写真撮影がやりにくくなったことだ。しかし「物は考えよう」で、自宅でもある程度、自主的なトレーニングはできる。両手を広げられるほどの空間があれば、腕立て伏せ、スクワット(膝屈伸)などができ、ベッドの上ではストレッチ、腹筋や背筋などの運動も可能だ。
 写真撮影も行動範囲が狭くなったのは寂しいが、買い物に出かける時にカメラをリュックに入れて持ち歩き、人影が少なくなった珍しいサンパウロの風景などを短時間ながら撮影している。
 以前に比べて格段に便利になったのは、インターネットおよびSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の普及により様々な情報が吸収でき、外出しなくてもブラジル国内をはじめ、日本や世界中の友人たちとコンタクトが取れるようになったことだ。
 同じように自宅でこもっている人たちと近況を知らせ合い、音信不通になっていた昔の友人たちと改めて連絡をとり合うことができる喜びがある。昔の日本移民が情報不足などで混迷を極めたことを思えば、コロナ禍であっても現在ははるかに恵まれている。新型コロナウイルスが収束しても、前述のテレワークは今後も継続されていくと思う。
 今回の外出自粛措置を逆利用して、過去の写真や資料の整理など、これまであまり行なっていなかったことをやろうと思っている。しかし、面倒でなかなか手が付けられないこともある。以前から「自宅の大掃除をしなければ」と家族から言われているのだが、いつ実行に移せるかは「神のみぞ知る」といったところか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロナショックで経済的大打撃=希望の家が支援を呼びかけ=資金寄付、NFP、食品も2020年4月30日 コロナショックで経済的大打撃=希望の家が支援を呼びかけ=資金寄付、NFP、食品も  ポルトガル語本紙姉妹紙「Nippak」21日付によれば、サンパウロ州イタクアケセツーバ市にある希望の家福祉協会(下本ジルセ理事長)が、コロナウイルスの影響で経済的に深刻な危機に晒されており、援助を求めている。インターネットからの資金援助やノッタ・フィスカル・パウリスタ […]
  • 東亜食品公司がメッセージ=感染防止を徹底し営業継続2020年4月28日 東亜食品公司がメッセージ=感染防止を徹底し営業継続  新型コロナウイルス感染症により店主が亡くなった、サンパウロ市のリベルダーデ日本広場にある食材店「東亜食品公司」が4月8日付けで次のメッセージを発表した。     ◎  私たち親愛なる創設者のChang・Wu・Chenが4月3日(金)に亡くなったことについて、ご心配 […]
  • コロナ禍で危機迎えた福祉団体=資金捻出イベント続々中止=こどものその、希望の家、憩の園2020年4月28日 コロナ禍で危機迎えた福祉団体=資金捻出イベント続々中止=こどものその、希望の家、憩の園  ブラジル全土の活動や経済を停滞させ終焉が見えない新型コロナウイルスの猛威。常日頃から資金不足に悩んできた福祉団体にとって、このパンデミックの中をいかに生き残るかが課題になっている。ポルトガル語姉妹紙「Nippak」21日付によれば、社会福祉法人「こどものその」(小田セ […]
  • ■訃報■サンパウロ人文研元顧問、鈴木正威さん2020年4月21日 ■訃報■サンパウロ人文研元顧問、鈴木正威さん  サンパウロ人文科学研究所の元顧問、鈴木正威(まさたけ)さんが18日午前、入院中のサンタクルス病院で亡くなった。享年88。1月下旬に脳梗塞で一度入院したがいったん退院、3月に入退院を繰り返し、その後、自宅療養中に心臓発作を起こして再入院していた。20日時点で死因は不明。 […]
  • ■訃報■サンパウロ日伯援護協会元事務局長 山下忠男さん2020年4月23日 ■訃報■サンパウロ日伯援護協会元事務局長 山下忠男さん  サンパウロ日伯援護協会の元事務局長、山下忠男さんが19日、日伯友好病院で亡くなった。2年前から癌を患い闘病生活を送っていた。享年86。コロナウイルスの自粛要請が出ているため、葬儀は親族だけで20日に執り行われた。  山下さんは1934年2月7日、京都府生まれ。京都府 […]