ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》アラス検察庁長官=大統領擁護の意見書提出=検察・司法界に波紋広がる

《ブラジル》アラス検察庁長官=大統領擁護の意見書提出=検察・司法界に波紋広がる

 【既報関連】新型コロナウイルス対策に関し、社会的隔離に反対するボウソナロ大統領の言動に対する批判的な請求を却下し続けた上に、「大統領が国の政策を決めて良い」とする見解を示したことで、アウグスト・アラス検察庁長官に対し、検察界が具体的な抗議に動きつつあると、13、14日付現地サイトが報じている。

 社会隔離反対を訴えるボウソナロ大統領の言動を、検察庁内や最高裁が批判して大統領の介入を差し止める内容の請求が起こっていた。しかしアラス長官はそれを却下し続けた上、13日には、「コロナ対策として行う社会的隔離に関する決定権は大統領にある」との意見書を最高裁に提出した。
 さらに同長官は、ルイス・ロベルト・バローゾ最高裁判事がボウソナロ氏が進めていた「ブラジルは止まれない」というキャンペーンを差し止めたことを批判。「行政の長が行う判断は外部からの干渉を受けることはない」として、世界保健機関(WHO)のガイドラインに従わないボウソナロ氏の言動を肯定した。
 この意見書に対し、検察・司法界では強い反発が起きている。全国連邦判事協会(ANPR)のファビオ・ジョルジェ会長は、「私たちは長官の見解を懸念しており、最高裁に掛け合うべく、法的行動に出る準備も進めている」と語っている。
 マルコ・アウレリオ・メロ最高裁判事も、アラス氏の意見書は「憲法の見地から見て、考えられない内容だ」との見解を表明している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》感染爆発真っ最中に保健相が突如辞任=2人目交代で宙に浮くコロナ対策2020年5月16日 《ブラジル》感染爆発真っ最中に保健相が突如辞任=2人目交代で宙に浮くコロナ対策  【既報関連】ブラジルでは、新型コロナウイルスの感染者が21万1992人、死者も1万4453人(15日昼時点)に達し、感染拡大の勢いが一向に収まらない中、陣頭指揮を執るべき立場のネウソン・タイシ保健相が、就任から1カ月を待たずに辞任した。  タイシ氏は15日午前中、予 […]
  • 新型コロナ=「人口比ではまだ低い」とブラジル政府=感染拡大ペースは世界最大2020年5月16日 新型コロナ=「人口比ではまだ低い」とブラジル政府=感染拡大ペースは世界最大  【既報関連】14日午後7時すぎ、ブラジル保健省は、新型コロナウイルスの国内感染者数は20万2918人、死者の数は1万3993人となったと発表した。  感染者は前日比1万3944人増で、1日の記録としては最大だった。死者数は前日比844人増だ。感染者20万2918人の […]
  • 《ブラジル》コロナ緊急援助金=2回目支払いは18日から2020年5月16日 《ブラジル》コロナ緊急援助金=2回目支払いは18日から  生活扶助(ボウサ・ファミリア、BF)受給者や零細企業家、非正規雇用者らを対象とする、新型コロナウイルスに伴う緊急援助金の2回目支払いが18日からはじまる。15日付現地紙サイトが報じている。   支払い予定日などのスケジュールは、連邦政府が15日付官報で明らかにした。    […]
  • 《ブラジル》大学入学試験日程を延期か=大統領が示唆2020年5月15日 《ブラジル》大学入学試験日程を延期か=大統領が示唆  新型コロナウイルスの影響で、今年の国家高等教育試験(ENEM)がいつ開催されるか注目される中、ボウソナロ大統領が延期を示唆したと13、14日付現地紙、サイトが報じている。   ENEMは例年、11月初旬に行われている。今年はコロナウイルス感染拡大で教育現場が本来の姿で機能し […]
  • 《ブラジル》コロナ感染爆発ピークはこれからか=感染者18万8974人、死者1万3149人2020年5月15日 《ブラジル》コロナ感染爆発ピークはこれからか=感染者18万8974人、死者1万3149人  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大は一向に収まる気配を見せず、これから感染爆発のピークを迎えると指摘する専門家もいる。13日夜の保健省発表では、感染者は前日から1万1385人増えて18万8974人に、死者は749人増えて1万3149人になった。1日で1万1385 […]