fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | ドロシー宣教師殺人容疑者逮捕=2005年の事件以降3人目

ドロシー宣教師殺人容疑者逮捕=2005年の事件以降3人目

 2005年にパラー州で起きた、米国人宣教師のドロシー・スタング氏殺人事件に関与した人物が13日夜、サンパウロ州で逮捕された。14日付現地サイトが報じている。

 13年に逮捕令状が出ていた容疑者が捕まったのはサンパウロ州イタペチニンガで、午後7時頃、「ジョアン・デ・アルーダ街の家にいる」との匿名通報を受けた軍警が駆けつけた。容疑者は抵抗を試みたが、逮捕された。
 容疑者の実名は明かされていないが、今後、パラー州に移送される。容疑者がいた家からは、複数の偽造文書が見つかっている。
 ドロシー氏は05年2月12日にパラー州アナプーで銃弾6発を浴び、73歳で死去した。
 警察はその後、農園主のヴィタウミロ・バストス・デ・モウラ(通称ビダ)容疑者とレジヴァウド・ペレイラ・ガウヴァン容疑者を「殺害命令」の罪で告発。10年に行われた裁判では、殺害命令を出した農園主らに30年の刑が下った。ガウヴァン容疑者は、12年と18年に人身保護令適用を受けたが、19年4月にパラー州アウタミラで逮捕された。
 ドロシー氏は70年代に米国からブラジルに来て、貧しい人たちを支える人道派の宣教師として知られた。法定アマゾンでは初めての持続可能な開発計画は彼女によって導入され、北部の発展につながった。しかし、不法伐採を告発する彼女の働きを疎ましく思う農園主たちに命を狙われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■元サンパウロ新聞デスク 田中敬吾(たなか けいご)さん2020年10月14日 ■訃報■元サンパウロ新聞デスク 田中敬吾(たなか けいご)さん  元サンパウロ新聞社会部次長(デスク)の田中敬吾さんが10日夜11時半、入院先のサンタクルス病院で急性腎不全のために亡くなった。行年89歳。通夜と葬儀は11日に親族だけで執り行った。四十九日法要は11月28日(土)10時から別院日伯寺(Av. Paula […]
  • 日本移民112年祝う=ブラジル・ソリダリオ横浜=「日系通じ世界と連携を」2020年10月6日 日本移民112年祝う=ブラジル・ソリダリオ横浜=「日系通じ世界と連携を」  日本とブラジルの友好連携を進める団体「ブラジル・ソリダリオ横浜」(斉藤達也会長)は9月20日午前、2018年から連続で3回目となる「横浜でみんなで祝おうブラジル日本移民」記念行事の112周年版として、横浜ワールドポーターズでシンポジウムを開催した。新型コロナウイルス感 […]
  • 《ブラジル》外国人投資家の撤退急増=引き揚げ額は昨年の倍に=景気回復の動きはあるが2020年10月3日 《ブラジル》外国人投資家の撤退急増=引き揚げ額は昨年の倍に=景気回復の動きはあるが  ボルソナロ大統領が当選し、ゲデス氏を経済相に据える事を明らかにした時、外国人投資家を含むマーケットは好感を示した。だが、コロナ禍の影響や財政危機の可能性の高まり、政界の混乱などで、株式市場から撤退する外国人投資家が続出しており、1~9月の引き揚げ額は既に、昨年1年間の […]
  • 《ブラジル》アマゾンなどで農地転用急増=18年間で50万平方キロの原生林喪失2020年9月26日 《ブラジル》アマゾンなどで農地転用急増=18年間で50万平方キロの原生林喪失  ブラジル地理統計院(IBGE)が24日に出した初回「生態系アカウント」によると、2000~18年の原生林喪失面積は48万9877平方キロで、8・34%を失ったと24、25日付現地紙、サイトが報じた。  この報告は、アマゾンやカアチンガ、パンタナル、セラード、マッタ・ […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]