ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ここのところ、ブラジルのネット上で「ボット(ロボットの意)」と呼ばれる拡散機によるハッシュタグの大量拡散が問題視されている。最近目立つのは、ロドリゴ・マイア下院議長の辞任を迫るものやジョイセ・ハッセルマン下議への中傷といった、ボウソナロ大統領と敵対する人物を攻撃するものだ。この傾向は、大統領次男のカルロス氏が「フェイクニュース犯罪の中心人物」と連警に断定されたとの25日の報道後に活発化。28日夜に大統領が「奇跡は起こせない」発言をして世論から大不評を買った後は、それを打ち消すかのように「ボウソナロ英雄」のハッシュタグが大量拡散された。大統領に不利なことがあればSNS上で政敵を排斥し、不都合な発言が注目されれば、今度は不自然な称賛の言葉をばらまく。こうしたことが繰り返されて久しいのだが。
     ◎
 ダッタフォーリャの最新調査によると、新型コロナウイルスの対策に関し、「隔離政策を守る」と答えた人が52%に落ちて、「ハイリスクでない人は職場に戻るべき」が46%に増えたという。これは、ボウソナロ大統領が盛り上げた反隔離政策の影響もあると思われるが、隔離政策が1カ月以上続いたことによる疲れや、家計が苦しくなり始めたことも反映されているのでは。州や市には、他国の例も参考に今後の対策を慎重に考える必要がありそうだ。
     ◎
 ただ、その一方で、先週、ショッピングセンターを派手に再開させたことで社会的な批判を受けたサンタカタリーナ州ブルメナウ市では、22日の隔離緩和以降、28日までに感染者が2・6倍に急増したという。こういう例を聞くと、やはり無防備な商業活動再開は厳禁では。まだまだ、前途は多難といえそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月24日 東西南北  英国北部マンチェスターで、現地時間22日夜、アメリカ人女性歌手アリアナ・グランデのコンサート終了時に自爆テロが発生し、22人が死亡した。アリアナ・グランデは事件直後に今後の欧州公演ツアー延期を発表したが、6月29日のリオ公演と7月1日のサンパウロ市公演は延期の予定はないと、主 […]
  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]
  • 東西南北2017年5月19日 東西南北  17日のジョエズレイ・バチスタ氏の録音付きの報奨付供述発覚の影響はとどまるところを知らず、翌18日には早速、閣僚離脱が起きた。ブルーノ・アラウージョ(民主社会党・PSDB)都市相だ。同氏は辞任の理由を、党内の声を聞いた結果としている。14年大統領選で斬りあいのような激しい選挙 […]
  • 東西南北2020年5月30日 東西南北  ボウソナロ大統領は28日、木曜恒例のネット生放送でアウグスト・アラス連邦検察庁長官の仕事を褒め、「最高裁の判事補欠の第3候補に考えたい」と語り、波紋を投げかけた。検察庁長官といえば、大統領を告訴できる特別な権限を持つ役職で、時の政権からは距離をおいた「司法の良心」的な役割が求 […]