ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 サンパウロ州では5月4日(月)から、メトロやCPTM、バス、バスターミナル、タクシー、ウーベルなどの交通機関を使う時は、マスクを着用することが義務付けられた。サンパウロ大都市圏が中心だが、ドリア州知事は「全州で着用することを要請する」と強調している。マスクをしていない人には、各交通機関の職員らが、口頭で教育的な指導や注意をするとのこと。もしバス利用者にマスク未着用者がみつかったら、バス会社は1便あたり3300レアルの罰金を市から課せられるとか。皆さん、交通機関を使うときは必ずマスク着用を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2020年5月30日 大耳小耳  サンパウロ州では来週6月1日から段階的に外出自粛が徐々に解除される予定。サンパウロ市メトロも人出がもどりつつあり、ちょっと前まで通勤時に空席がたくさんあった車内だが、昨日などは座れず、出入り口付近に立っている乗車客も多くなってきている。サンパウロ市では商店や事務所も営業を始め […]
  • 大耳小耳2020年5月9日 大耳小耳      ◎  東洋街の居酒屋「一茶」(Rua Barao de […]
  • 大耳小耳2020年5月28日 大耳小耳     ◎  先週晩、外出自粛令下の中、サンパウロ市のメトロ・サウジ駅周辺を歩いているとグラッサ教会(Igreja Internacional da Graça de […]
  • 大耳小耳2020年5月7日 大耳小耳  既報の通り、本日5月7日(木)からサンパウロ州政府は、州全域の街路、道路、公共の場でのマスク着用を義務化する政令を発表した。6日昼のグローボニュースでは、「プレジオ(アパート)内の通路や駐車場などの公共空間でも、道路に準じてマスク着用を」と呼び掛けた。建物内でゴミ捨てに行くと […]
  • 大耳小耳2020年5月8日 大耳小耳  コロナウイルス対策のために、サンパウロ州では7日から外出時のマスク着用が義務になり、「こんなに規則を守る人々だったか?!」とおどろくほど街ゆく人々が徹底して着けている。そんな中、リベルダーデ区ガルボン・ブエノ街では、先週より道端でマスクを売っているカメロー(露天商)が増えた。 […]