fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》医療崩壊のアマゾナス州に空軍機2機が医療物資運ぶ=タイシ保健相も現場視察

《ブラジル》医療崩壊のアマゾナス州に空軍機2機が医療物資運ぶ=タイシ保健相も現場視察

マナウス市内の医療施設(Amazonia Real)

 【既報関連】衛生用品や医療物資を搭載した2機のブラジル空軍機が2日、ブラジル北部のアマゾナス(AM)州都マナウス市に到着。ネウソン・タイシ保健相も3日に同市入りし、現地視察を行うとともに、地元の首長や保健医療当局者らと面談していると、2~4日付現地サイトが報じた。
 空軍機には30万個の手術用マスク、1万7千個のN95型マスク、13万組の医療用手袋、4080個のゴーグル、1300着の医療用前掛け、1080リットルのアルコールジェルが搭載されていた。
 タイシ保健相が直接現場視察に訪れたのは、AM州が初めてだ。保健相は到着初日の3日から、マナウス市内の医療現場を視察。AM州のウィルソン・リマ知事やマナウス市のアルトゥール・ネット市長らとも会合をもった。翌4日朝には、マナウス市の軍基地で陸空海の司令官と会合。今後の対策について話し合った。
 AM州は、3日の保健省発表では感染者6683人、死者548人でいずれも国内4位だが、医療崩壊、葬儀崩壊が発生している。集中治療室の病床は90%埋まっており、公共墓地では連日、100体以上の遺体が埋葬されている。州議会は4月20日、保健医療部門限定の直接統治令の要請案を承認していた。
 連邦政府はコロナ対策として、「ブラジル、私を頼って」計画を立案。医学、生物学、社会福祉部門など、14部門の専門家の新規採用が予定されており、必要な人員が各地に派遣される。同計画では、看護学、理学療法学、薬学の最終過程にある学生も採用する予定もある。
 保健省事務局長のエドゥアルド・パズエッロ氏は「同計画により、マナウス市だけでなく、内陸部の各都市にも専門家を派遣することが出来る」と語っている。AM州向けに採用された医療関係者200人余りは4日から勤務し始めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大型小売店の売上が激減=インフレと緊急支援減額で2020年10月31日 《ブラジル》大型小売店の売上が激減=インフレと緊急支援減額で  【既報関連】ブラジル人の食卓に不可欠な米などを中心とする食料品の値上がりと緊急支援金の支給額減額で、スーパーマーケットなどの大型小売店などの売上が激減し始めたと30日付現地紙が報じた。  緊急支援金の受給者は6500万人いるが、大半の受給者は9月以降、支援金支給額が600レ […]
  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年10月31日 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  「16世紀ごろに、日本人が奴隷としてヨーロッパ人に売られていた」。このような歴史的事実を、現代日本人がどのくらい知っているだろうか。  去る10月20日付けニッケイ新聞「樹海」拡大版、深沢編集長による「16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒」を読んだ。「南米に渡った日本 […]
  • 文協=移民史料館が5日から再開=寄付者優先、要予約で週3日2020年10月31日 文協=移民史料館が5日から再開=寄付者優先、要予約で週3日  サンパウロ州政府が外出自粛規制緩和レベルを「5段階中の4段階目」を示す「緑」への引き上げたのに伴い、ブラジル日本文化福祉協会はブラジル日本移民史料館(山下リジア玲子運営委員長)を11月5日から、感染対策を徹底して段階的に再開することを発表した。  コロナ禍で経営が困難に […]
  • 《ブラジル観光省》観光業支援に20億レアル解放=零細・小企業に巨額融資2020年10月30日 《ブラジル観光省》観光業支援に20億レアル解放=零細・小企業に巨額融資  新型コロナウイルスの感染拡大で最も影響が大きかった業界の一つ観光業界を支援するため、観光省が2万6千を超える零細・小企業向けの融資資金として20億レアルを解放する事を決めた。  この支援金は、一般観光基金(Fungetur)に参加している金融機関を通じて利用される。 […]