ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》医療崩壊のアマゾナス州に空軍機2機が医療物資運ぶ=タイシ保健相も現場視察

《ブラジル》医療崩壊のアマゾナス州に空軍機2機が医療物資運ぶ=タイシ保健相も現場視察

マナウス市内の医療施設(Amazonia Real)

 【既報関連】衛生用品や医療物資を搭載した2機のブラジル空軍機が2日、ブラジル北部のアマゾナス(AM)州都マナウス市に到着。ネウソン・タイシ保健相も3日に同市入りし、現地視察を行うとともに、地元の首長や保健医療当局者らと面談していると、2~4日付現地サイトが報じた。
 空軍機には30万個の手術用マスク、1万7千個のN95型マスク、13万組の医療用手袋、4080個のゴーグル、1300着の医療用前掛け、1080リットルのアルコールジェルが搭載されていた。
 タイシ保健相が直接現場視察に訪れたのは、AM州が初めてだ。保健相は到着初日の3日から、マナウス市内の医療現場を視察。AM州のウィルソン・リマ知事やマナウス市のアルトゥール・ネット市長らとも会合をもった。翌4日朝には、マナウス市の軍基地で陸空海の司令官と会合。今後の対策について話し合った。
 AM州は、3日の保健省発表では感染者6683人、死者548人でいずれも国内4位だが、医療崩壊、葬儀崩壊が発生している。集中治療室の病床は90%埋まっており、公共墓地では連日、100体以上の遺体が埋葬されている。州議会は4月20日、保健医療部門限定の直接統治令の要請案を承認していた。
 連邦政府はコロナ対策として、「ブラジル、私を頼って」計画を立案。医学、生物学、社会福祉部門など、14部門の専門家の新規採用が予定されており、必要な人員が各地に派遣される。同計画では、看護学、理学療法学、薬学の最終過程にある学生も採用する予定もある。
 保健省事務局長のエドゥアルド・パズエッロ氏は「同計画により、マナウス市だけでなく、内陸部の各都市にも専門家を派遣することが出来る」と語っている。AM州向けに採用された医療関係者200人余りは4日から勤務し始めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ死者1262人で過去最多 内陸部へ感染拡大中だが緩和策へ2020年6月3日 《ブラジル》コロナ死者1262人で過去最多 内陸部へ感染拡大中だが緩和策へ  【既報関連】1日のコロナ死者数は2日、過去最多の1262人を記録、合計で3万1199人と止まるところを知らない。そのようにコロナ感染者や重症の呼吸器疾患患者が増え続けている中で、社会隔離緩和が進められようとしている事を案ずる声が高まっていると1~2日付現地紙、サイトが […]
  • リオ市=マスク持って付き添った少女の母に職=けなげな娘に心動かされた人々動く2020年6月2日 リオ市=マスク持って付き添った少女の母に職=けなげな娘に心動かされた人々動く  新型コロナウイルスの感染拡大で仕事が激減したため、リオ市の交差点で手作り菓子を売っていた女性が、付き添っていた娘の姿に心を動かされた人達の世話で、人材派遣会社に就職した。  リオ市西部に住むシウヴィアさんは4人の子供を育てるシングルマザーで、清掃などを請け負ったりす […]
  • 《サンパウロ州》武装強盗20人が銀行襲撃=警官隊と銃撃戦、被害なし2020年6月3日 《サンパウロ州》武装強盗20人が銀行襲撃=警官隊と銃撃戦、被害なし  サンパウロ市の北方88キロに位置するブラガンサ・パウリスタ市で2日未明、武装した強盗が銀行を襲ったが、警官との銃撃戦となり、現金は盗み出せずに終わったと同日付現地サイトが報じた。  事件が起きたのは午前3時頃で、同市中心部にある連邦貯蓄銀行(Caixa)の支店の一つ […]
  • 《ブラジル》在宅勤務でストレスが増大=残業増えた、失業怖いの声も2020年5月30日 《ブラジル》在宅勤務でストレスが増大=残業増えた、失業怖いの声も  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大抑制策として外出自粛が導入され、在宅勤務者が増えているが、在宅勤務によって、ストレスが増したという人が60%を超えている事がわかった。  LinkedInが、4月後半に2千人を対象にして行った調査によると、在宅勤務を始めてから […]
  • 《ブラジル》スペインぬきコロナ死者数世界5位に=失業激増や所得減で精神病も2020年5月30日 《ブラジル》スペインぬきコロナ死者数世界5位に=失業激増や所得減で精神病も  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大が続き、28日夜の保健省発表での感染者は前日比2万6417人増えて43万8238人に、死者も1156人増えて2万6754人になったと、28、29日付現地紙、サイトが報じた。ブラジリア時間で29日夕方現在で2万7276人となったた […]