fbpx
ホーム | 文芸 | 連載小説 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(251)

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(251)

 検事は、半田氏がこの地で財を成し、立派な家庭を築き上げたことなどまったく考慮しなかった。
 しかし、第1裁判局のルイス・カルロッス・ダ・コスタ・メンデス判事はこの判事の意向には従わなかった。

「被告人と証人の数が多く、問題の早期解決はできない。従って、期限付きの訪日は許可されるべきだ。申請者にはブラジル国籍の子弟があり、当時居住していたところに不動産ももっている。却下の理由はなく申請を許可する。SP、19─7─57」

 翌日、判事は外国人警察に半田氏が希望していた6ヵ月間の訪日許可の書類を提出した。

 半田倉蔵が訪日したかどうかは分らない。判事の訪日許可については半田氏の個人的問題なので訴訟書には何も書かれていない。臣道聯盟の訴訟書類によれば、許可された60日間の訪日のあとサンパウロにいたと書かれている。
 その証拠に半田氏は1958年4月23日、訪日問題を解決した同じネーヴェス弁護士を通して、第1裁判局の判事にある案を提出した。その案が12年もつづいていた訴訟問題を解決するきっかけとなった。弁護士は訴訟書のはじめに、半田氏の例について書いた。
 半田氏は他の被告人同様、1938年5月18日の条例1の大統領命令431号に基づいた条例3、16号によって起訴された。だが、第1裁判局に回されたのは1950年4月11日だ。今からちょうど8年と12日前だ。新しい法令により、訴訟は多少進むようにおもわれた。そして、訴訟はその日からはじめられた。現在の刑法典によると、出頭する日は4月12日からとなる。手落ちがあったとは思われないが、訴訟の出頭命令が手元に着いたのは1953年1月22日だった。
 「以上の理由でこの審問において、検察局の責任者である貴殿の無罪宣言と臣道聯盟問題 12.647の訴訟取り下げを願うものである」
 ところが、訴訟問題はそこで止まってしまった。半田倉蔵被告の弁護にあたっているエルクラーノ・ネーヴェス弁護士の申請書は1ヵ月もたった5月27日、アルセビーヤデス・ルイース・ビアンコ検事官のもとに回された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年10月31日 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  「16世紀ごろに、日本人が奴隷としてヨーロッパ人に売られていた」。このような歴史的事実を、現代日本人がどのくらい知っているだろうか。  去る10月20日付けニッケイ新聞「樹海」拡大版、深沢編集長による「16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒」を読んだ。「南米に渡った日本 […]
  • 文協=移民史料館が5日から再開=寄付者優先、要予約で週3日2020年10月31日 文協=移民史料館が5日から再開=寄付者優先、要予約で週3日  サンパウロ州政府が外出自粛規制緩和レベルを「5段階中の4段階目」を示す「緑」への引き上げたのに伴い、ブラジル日本文化福祉協会はブラジル日本移民史料館(山下リジア玲子運営委員長)を11月5日から、感染対策を徹底して段階的に再開することを発表した。  コロナ禍で経営が困難に […]
  • 在サンパウロ総領事館=11月休館日のお知らせ2020年10月31日 在サンパウロ総領事館=11月休館日のお知らせ  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は、11月2日(月)が「死者の日」のため休館する。
  • 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す2020年10月30日 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す  ブラジル北東部マラニョン州で27日、路上生活者を車に縛り付けて引き摺り回し、死体を放棄した事件の容疑者2人が逮捕された。  同州州都サンルイス市プライア・グランデ区にある統合ターミナル前で男性の遺体が発見されたのは5月17日。その後の調査で、死亡したのは路上生活者の […]