ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に

ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に

 【既報関連】世界保健機関(WHO)は25日、新型コロナウイルスに対するヒドロキシクロロキンの臨床試験差し止めを命じた。同薬とクロロキンは、ブラジル政府が同病の公式治療薬として承認するよう、諸方面に圧力をかけている薬剤だ。25、26日付現地紙、サイトが報じている。
 WHOが今回下した決断は、23日付本紙でも報じた、英国の保健誌「ザ・ランセット」が、世界100カ国で9万6千人の入院患者対象に行ったクロロキン、ヒドロキシクロロキンのコロナウイルスに対する効果を試したテスト結果を受けたもの。
 この試験では、二つの薬を使った患者の死亡率が、薬を投与されなかった患者より高く「効果が見られない」との結論に至っていた。また、従来はクロロキンよりも毒性が低くて安全と思われていたヒドロキシクロロキンを使ったグループの方が死亡率が高く、不整脈などの症状も起きた。

 だが、臨床試験の結果やWHOの決定を受けても、ブラジル保健省は「軽症患者からクロロキンの服用を薦める」という方針を変えないとの見解を示した。
 同省教育労働局長のマイラ・ピニェイロ氏は、「ランセットの研究結果は様々な国のデータの寄せ集めに過ぎず、ブラジルをはじめとする国々が参照すべきものではない」、「ブラジルは米国やインド、トルコなどが発行した216の使用基準を参照にして、新たなプロトコルを作成した」との見解を示し、クロロキンの使用継続を肯定している。 
 トランプ米大統領は自分も同薬を服用中と公言したが、米国食品医薬品局(FDA)は20日、入院患者以外の人へのクロロキン使用への警告を発している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]
  • 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か2020年5月23日 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か  アマゾナス州内陸部のサンガブリエル・ダ・カショエイラ市(SC)で、先住民の間にコロナ感染者急増中と22日付現地サイトが報じた。  同州内陸部にはコロナウイルスへの感染率や死亡率が高い市が集中している。中でもSCは10万人あたりの感染者発生率が999に達し、少なくとも15人が […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に2020年6月4日 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に  【既報関連】5月25~26日に行われたダッタフォーリャの世論調査によると、回答者の52%が「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたと2日付G1サイトが報じた。  2069人への電話アンケートの結果、「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたのは52%で、「 […]