ホーム | ブラジル国内ニュース | 反ファシズムデモに延期の声=「感染避けるべき」と左派分裂

反ファシズムデモに延期の声=「感染避けるべき」と左派分裂

5月31日の聖市でのデモ(Roberto Parizone/Fotos Publicas)

 7日にサンパウロ市パウリスタ大通りなどで開催予定の反ファシズムデモに関し、「新型コロナウイルスの感染爆発に考慮すべき」との意見があがり、強行しようとする勢力との間で意見の衝突が起こっている。5日付現地サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ