ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 最高裁のアレシャンドレ・デ・モラエス判事の命令により15日に逮捕されたサラ・ウインター容疑者が、勾留延長されなかったために24日に釈放された。武装して大統領府前でキャンプを張っていたネオナチ集団「300・ド・ブラジル」のリーダーだけに、安全面が懸念されるが、彼女には出所後も電子足輪がはめられ、行動範囲も制限される。「300」の他のメンバーも、反民主主義的行為と最高裁への攻撃、最高裁判事らへの脅迫で捜査対象とされ、引き続き勾留が行われている。こうした状況では、さすがに次の示威行動を起こすのは難しいだろうが、市民としては一大事が起こらないことを願うばかりだ。
     ◎
 パルメイラスのエースとして知られるドゥドゥが23日未明に、夫人から家庭内暴力で訴えられた。夫人からの訴えによると、彼女は22日18時頃、ドゥドゥからの電話でサンパウロ市西部バラ・フンダの自宅の車庫に呼び出されたという。ドゥドゥの様子がおかしかったので、「何かあったのか」と訊いたところ、頭や胸を殴られ、髪を引っ張るという暴行を受けたという。ドゥドゥは犯行を否定しているが、夫人によると、夫婦関係はこの5年間でかなり冷え込んでいたという。
     ◎
 サンパウロ市で商店の営業が制限付で再開された9日から2週間後の23日、ブラス区の大衆ショッピングなどを訪れた新聞記者によると、「通常の営業規模の20%」という規定は守られておらず、どこも人でいっぱいだったという。コロナの感染者が増えれば、隔離が厳密化され、以前の状態に逆戻りしてしまうのだが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月24日 東西南北  23日、ブラジルのメディアはどこも、「サッカーの王様」ペレ一色だった。それは、この日がちょうど、節目となる80歳の誕生日だったためだ。そのため、ブラジルの新聞やサイトは写真で彼の選手時代の栄光の瞬間を振り返ったり、彼のゆかりの地を紹介したり、現在の名選手との比較をしたりなど、 […]
  • 東西南北2020年10月23日 東西南北  「モストラ」名でおなじみのサンパウロ国際映画祭(https://44.mostra.org/)。モストラは毎年、この時期開催で、今年はコロナ禍の中での開催が心配されたが、22日から開幕となった。だが、今年はやはり変則的で、オンライン(https://mostraplay.mo […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]