ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 最高裁のアレシャンドレ・デ・モラエス判事の命令により15日に逮捕されたサラ・ウインター容疑者が、勾留延長されなかったために24日に釈放された。武装して大統領府前でキャンプを張っていたネオナチ集団「300・ド・ブラジル」のリーダーだけに、安全面が懸念されるが、彼女には出所後も電子足輪がはめられ、行動範囲も制限される。「300」の他のメンバーも、反民主主義的行為と最高裁への攻撃、最高裁判事らへの脅迫で捜査対象とされ、引き続き勾留が行われている。こうした状況では、さすがに次の示威行動を起こすのは難しいだろうが、市民としては一大事が起こらないことを願うばかりだ。
     ◎
 パルメイラスのエースとして知られるドゥドゥが23日未明に、夫人から家庭内暴力で訴えられた。夫人からの訴えによると、彼女は22日18時頃、ドゥドゥからの電話でサンパウロ市西部バラ・フンダの自宅の車庫に呼び出されたという。ドゥドゥの様子がおかしかったので、「何かあったのか」と訊いたところ、頭や胸を殴られ、髪を引っ張るという暴行を受けたという。ドゥドゥは犯行を否定しているが、夫人によると、夫婦関係はこの5年間でかなり冷え込んでいたという。
     ◎
 サンパウロ市で商店の営業が制限付で再開された9日から2週間後の23日、ブラス区の大衆ショッピングなどを訪れた新聞記者によると、「通常の営業規模の20%」という規定は守られておらず、どこも人でいっぱいだったという。コロナの感染者が増えれば、隔離が厳密化され、以前の状態に逆戻りしてしまうのだが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 東西南北2021年3月5日 東西南北  6日午前0時より、サンパウロ州全域でコロナウイルスの外出規制が最低の赤レベルとなる。これで必要最低限の商業活動のみしかできなくなった。このところ連日のように、「死者、感染者が過去最大」と報じられているにも関わらず、街に繰り出してイベントやパーティをやっていた人たちの自覚を促す […]
  • 東西南北2021年3月3日 東西南北  サンパウロ州では先週から、23時~翌朝午前5時が外出禁止となっている。2月26日〜28日に州が本格的に取り締まりを行った結果、286もの店や会社が夜中に群れを作ってイベントを行ったり、営業時間を守っていないかったりして摘発された。その中には、26日夜から27日未明にかけてサン […]
  • 東西南北2021年3月2日 東西南北  サンパウロ州では、80歳から84歳を対象とするコロナウイルスのワクチン接種が行われている。サンパウロ市の場合、5カ所のドライブスルーでは2月27日、468カ所ある保健機関では1日からはじまっているが、ドライブスルー会場の初日は実に5時間待ちとなるほどの長蛇の列ができ、大混乱だ […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]