ホーム | 日系社会ニュース | モジ文協=第2回すき焼き祭り8月8日=ドライブスルーで大好評=写真=すき焼きセット

モジ文協=第2回すき焼き祭り8月8日=ドライブスルーで大好評=写真=すき焼きセット

すき焼き祭り広告

すき焼き祭り広告

 サンパウロ州モジ市にあるモジ・ダス・クルーゼス文化協会(津田フランキ会長)は、早くも第2回「ドライブスルーすき焼き祭り」を8月8日に開催することを決めた。
 津田会長(三世、52歳)は、「6月27日に開催した第1回では、230セットを販売することができました。このコロナ禍に購入していただき本当にありがたいです。いよいよ真冬になり寒くなってきたので、自宅であったかいすき焼きを食べて、自粛のストレスを発散していただけると嬉しいです」と語る。
 第2回すき焼き祭りは、セントロのモジ文協会館(bunkyo de Mogi das Cruzes Rua Campos Salles,230-Vila lndustrial)で、ドライブスルー方式にて8月8日に17時から21時まで提供する。4人分の材料が入ったパックが160レアルで販売。予約注文はモジ文協ホームページ(https://bunkyo-vendas.lojadigitalgetnet.com.br/2-sukiyaki-solidario-do-bunkyo-de-mogi-das-cruzes)まで。質問は電話(11・4791・2022、ワッツアップも)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年8月14日 東西南北  12日に行われたサッカー、欧州チャンピオンズ・リーグの準々決勝では、PSG(フランス)が試合終了間際の鮮やかな逆転劇でアタランタ(イタリア)を1―2で下して準決勝に進出した。この試合でネイマールは、終始ゲームを作り、同点のアシストを決めたことなどが評価され、マン・オブ・ザ・マ […]
  • 特別寄稿=コロナ禍を機に振り返る=人の振る舞いのあり方=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年8月14日 特別寄稿=コロナ禍を機に振り返る=人の振る舞いのあり方=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子 コロナ禍で学んだ、「他人と対面できないことの苦しさ」と、「家族が対面して食べることの大切さ」 (1)他人と対面できないことの苦しさ  通りに人々が蠢き始めた。  4カ月に及ぶ「3密」を回避する生活で、何が一番辛かったといえば、それはやはり「人に会えない」ことだ […]
  • これから“ワクチン戦争”がはじまる?2020年8月14日 これから“ワクチン戦争”がはじまる?  11日、ロシアのプーチン大統領が自国で開発したワクチン「スプートニクV」をコロナウイルス予防用のものとして公式に認めた。これは良くも悪くも、「コロナ対人類」の次の段階に入ったようにコラム子には映った。  このスプートニクVは、世界保健機関(WHO)の定める治験段階を […]
  • ≪サンパウロ市≫コロナの影響で死者数が昨年比23%増=約1万人が3~7月に集中=疑いある死亡、更に5650件も2020年8月13日 ≪サンパウロ市≫コロナの影響で死者数が昨年比23%増=約1万人が3~7月に集中=疑いある死亡、更に5650件も  新型コロナウイルスの影響で、サンパウロ市は今年7月末までの30週間に、昨年同期比で23%増の死亡者数を記録した。このデータは、サンパウロ市民の死亡日時を調査し、各市区町村事務所の死亡情報改善プログラム(Pro-AIM) […]
  • ≪ブラジル≫パラナ州がロシア製ワクチンで調印?=疑問視の中、知事が強い関心2020年8月13日 ≪ブラジル≫パラナ州がロシア製ワクチンで調印?=疑問視の中、知事が強い関心  【7月29日一部既報】世界ではじめて政府が認可した新型コロナウイルスのワクチン、ロシアの「スプートニクV」をめぐり、パラナ州政府が強い関心を示して、ロシア政府関係者と接触を続けている。ただし、ワクチン治験データがまったく公表がされない現状から、世界の医学界・学術界から […]