ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 新型コロナウイルスに対する外出規制が緩和され、交通機関に人が戻っているサンパウロ市だが、アゴラ紙の報道によれば、地下鉄やCPTMではコロナ対策のルールが守られていない駅が目立っているという。どの駅でも、利用客の手を消毒するためのアルコールジェルがきちんと置かれておらず、駅のプラットフォームや螺旋階段で対人距離がしっかり取られていないという。1号船と5号線の連結駅で利用客もひときわ多いサンタクルス駅に至っては上記のルールが守られていない上に、清掃も満足にできていないとか。今のところ、地下鉄が原因となった集団感染の話は聞かないが、好転しかかっているところに水を差すようなことは避けたいところ。
     ◎
 20日、サンパウロ市西部のリオ・ペケーノで3台のバスが焼きうちされた。これによる負傷者は出ていない。これは、近隣住民たちが、自分たちの仲間2人を銃で撃った軍警に対しての抗議行動として行われた。事の発端は、あるグループが家の外で15人ほどのパーティをしていたところ、軍警が「コロナ対策上、よろしくない」と注意して退散させようとしたこと。結果、喧嘩となり、軍警は2人を銃で撃ってしまった。撃たれたうちの1人は瀕死の重傷だという。
     ◎
 18日夜10時頃、サンパウロ市東部サンマテウス地区のサンラファエル公園内にあるファヴェーラで火災が発生。14台の消防車と42人の消防士で消火作業にあたったが、あばら家50軒ほどが焼け、1人が炭化した遺体で見つかる悲劇があった。遺体の身元はわかっておらず、現在検視中。警察は火災の原因についても捜査中だ。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》遠隔授業で国内外の生徒獲得?=コロナ禍での予期せぬ副産物2021年4月21日 《ブラジル》遠隔授業で国内外の生徒獲得?=コロナ禍での予期せぬ副産物  新型コロナのパンデミックで対面授業ができず、学力が低下する生徒などが出る一方、遠隔授業の恩恵を満喫している生徒や学校もある。  サンパウロ大都市圏サンタナ・ド・パライバ市の私立校の新入生のダミアン君(7)は、2千キロ以上離れたボリビアのサンタクルス・デ・ラ・シエラ市 […]
  • 《ブラジル》連邦地裁判事=「早期治療は大統領の政治発言」=キット薬死亡事件を市警が捜査=批判高まる政権のコロナ対策2021年4月21日 《ブラジル》連邦地裁判事=「早期治療は大統領の政治発言」=キット薬死亡事件を市警が捜査=批判高まる政権のコロナ対策  14日、連邦地裁判事が「薬効が証明されていない薬品を使った早期治療推奨は大統領による政治発言」との判断を下すなど、コロナ禍をより深刻化させたとして連邦政府が推奨する「コロナ感染症キット」への批判が高まっている。また、決定的な治療法を欠くコロナ感染症に対し、国家衛生監督 […]
  • 《サンパウロ州》バス運転手や慢性病患者もワクチン接種へ=期待より早い入院数や死者減少2021年4月21日 《サンパウロ州》バス運転手や慢性病患者もワクチン接種へ=期待より早い入院数や死者減少  サンパウロ州政府は20日、コロナワクチン接種に関する最新日程を発表。5月からは、慢性の持病を持っている人や電車やバスの職員への接種もはじめられることになった。20日付現地サイトが報じている。  サンパウロ州は19日に、5月11日からサンパウロ市内地下鉄、CPTMの職 […]
  • 東西南北2021年4月21日 東西南北  今日21日は「チラデンテスの日」で国民の祝日。だが今年の場合、少し事情がややこしい。それは、3月26日から4月4日に大型連休「フェリアドン」を採用した大サンパウロ都市圏の自治体の中に、チラデンテスを前倒し使用した市があったためだ。一部の報道機関は、サンパウロ市などもチラデンテ […]
  • 《ブラジル》零細・小企業が62万超誕生=コロナ禍での生き残りをかけて2021年4月20日 《ブラジル》零細・小企業が62万超誕生=コロナ禍での生き残りをかけて  零細・小企業支援サービス機関(Sebrae)によると、20年は62万6883の零細・小企業が誕生した。内53万5126(85%)は零細企業、9万1757は小企業だった。  零細企業の内2万398は事務所関連または経営支援のサービス、1万6786は衣類やアクセサリーの […]