ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 新型コロナウイルスに対する外出規制が緩和され、交通機関に人が戻っているサンパウロ市だが、アゴラ紙の報道によれば、地下鉄やCPTMではコロナ対策のルールが守られていない駅が目立っているという。どの駅でも、利用客の手を消毒するためのアルコールジェルがきちんと置かれておらず、駅のプラットフォームや螺旋階段で対人距離がしっかり取られていないという。1号船と5号線の連結駅で利用客もひときわ多いサンタクルス駅に至っては上記のルールが守られていない上に、清掃も満足にできていないとか。今のところ、地下鉄が原因となった集団感染の話は聞かないが、好転しかかっているところに水を差すようなことは避けたいところ。
     ◎
 20日、サンパウロ市西部のリオ・ペケーノで3台のバスが焼きうちされた。これによる負傷者は出ていない。これは、近隣住民たちが、自分たちの仲間2人を銃で撃った軍警に対しての抗議行動として行われた。事の発端は、あるグループが家の外で15人ほどのパーティをしていたところ、軍警が「コロナ対策上、よろしくない」と注意して退散させようとしたこと。結果、喧嘩となり、軍警は2人を銃で撃ってしまった。撃たれたうちの1人は瀕死の重傷だという。
     ◎
 18日夜10時頃、サンパウロ市東部サンマテウス地区のサンラファエル公園内にあるファヴェーラで火災が発生。14台の消防車と42人の消防士で消火作業にあたったが、あばら家50軒ほどが焼け、1人が炭化した遺体で見つかる悲劇があった。遺体の身元はわかっておらず、現在検視中。警察は火災の原因についても捜査中だ。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年8月14日 東西南北  12日に行われたサッカー、欧州チャンピオンズ・リーグの準々決勝では、PSG(フランス)が試合終了間際の鮮やかな逆転劇でアタランタ(イタリア)を1―2で下して準決勝に進出した。この試合でネイマールは、終始ゲームを作り、同点のアシストを決めたことなどが評価され、マン・オブ・ザ・マ […]
  • 特別寄稿=コロナ禍を機に振り返る=人の振る舞いのあり方=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年8月14日 特別寄稿=コロナ禍を機に振り返る=人の振る舞いのあり方=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子 コロナ禍で学んだ、「他人と対面できないことの苦しさ」と、「家族が対面して食べることの大切さ」 (1)他人と対面できないことの苦しさ  通りに人々が蠢き始めた。  4カ月に及ぶ「3密」を回避する生活で、何が一番辛かったといえば、それはやはり「人に会えない」ことだ […]
  • これから“ワクチン戦争”がはじまる?2020年8月14日 これから“ワクチン戦争”がはじまる?  11日、ロシアのプーチン大統領が自国で開発したワクチン「スプートニクV」をコロナウイルス予防用のものとして公式に認めた。これは良くも悪くも、「コロナ対人類」の次の段階に入ったようにコラム子には映った。  このスプートニクVは、世界保健機関(WHO)の定める治験段階を […]
  • ≪サンパウロ市≫コロナの影響で死者数が昨年比23%増=約1万人が3~7月に集中=疑いある死亡、更に5650件も2020年8月13日 ≪サンパウロ市≫コロナの影響で死者数が昨年比23%増=約1万人が3~7月に集中=疑いある死亡、更に5650件も  新型コロナウイルスの影響で、サンパウロ市は今年7月末までの30週間に、昨年同期比で23%増の死亡者数を記録した。このデータは、サンパウロ市民の死亡日時を調査し、各市区町村事務所の死亡情報改善プログラム(Pro-AIM) […]
  • ≪ブラジル≫パラナ州がロシア製ワクチンで調印?=疑問視の中、知事が強い関心2020年8月13日 ≪ブラジル≫パラナ州がロシア製ワクチンで調印?=疑問視の中、知事が強い関心  【7月29日一部既報】世界ではじめて政府が認可した新型コロナウイルスのワクチン、ロシアの「スプートニクV」をめぐり、パラナ州政府が強い関心を示して、ロシア政府関係者と接触を続けている。ただし、ワクチン治験データがまったく公表がされない現状から、世界の医学界・学術界から […]