ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第20話

中島宏著『クリスト・レイ』第20話

「ということは、アヤにも、友だちのような喋り方でいいということですか。うん、それだったら分かります。でも僕の場合は、日本語でその、友だちと話すような話し方を知らないのです。今まで、丁寧な話し方しか勉強してきませんでしたから、先生にそういうふうに話すことはできても、友だちのように話すことはできません」 「あ、そうか、そう言われれば確かにそうね。学校では、友達同士で使う話し方は特に教えませんからね。そんなことわざわざ教えなくても、みんな家では両親とは日本語で話してるし、兄弟の間でも、小さいときから日本語で話してきたから、そういうざっくばらんな話し方は自然に身についているということね。でも、マルコスの場合は、日本語学校以外では日本語を話すこともないから、結局、学校で習った話し方しかできないわけね。
うん、なるほど。あなたが言おうとしてることがやっと分かってきたわ。そういうことだったわけね。まあね、丁寧な日本語を覚えるに越したことはないけど、そういう話し方しかできないというのも、ちょっと考えものね。
そうね、ではこうしましょうか。これから私がマルコスにその、ざっくばらんな日本語の話し方を教えていきます。といっても、学校でそれを教えるわけにはいきませんから、時々、こうやって二人で話をするときに私が、そういう話し方をしますから、それをあなたが真似すればいいわけね。どう、マルコス、こういう方法だったら、あなたも覚えられるでしょう」 「そういうふうに教えていただければ、大変ありがたいのですが。でも、ちょっと困るところも出てきますね」 「困るって?どんなことかしら」 「つまりですね、学校で本格的な日本語を教えてもらい、学校以外でも別の日本語を教えてもらうということは、どちらもアヤは、僕にとっての先生ということになりますね。そうなるとやはり、アヤ先生と呼ばないわけにはいかなくなります」 「ハハハ、、、理屈からいうとそうなるわね。でもねマルコス、何もそこまで真面目に考えることはないのよ。学校以外では、教えるといってもいい加減なことを教えるわけだし、それは先生と呼ぶような価値のものではありませんから、そんな心配はしなくていいのです。マルコスのような、そういう考え方を、杓子定規的な発想というのです」 「シャクシジョウギとは、どういう意味ですか」 「融通がきかないということです。つまりね、頭が固いと言ったらいいのかしら。真面目すぎる人にはそういう傾向があります」 教会の話を聞くはずだったが、いつの間にか変な方向に話が飛んでしまっている。
しかし、このような他愛もない会話のお陰で、マルコスが持っていた緊張感のようなものは、すっかり影をひそめ、ごく自然な雰囲気になっていった。そのことにマルコスは安堵感のようなものを感じていた。このような調子なら、アヤとも特別な感情を持つことなく、彼女も言うように、お互いに友だちとして付き合っていけることになれば、それはそれで結構なことである。
が、一方で、同時に彼は、それでは何か物足りないようなものを感じ取っていた。ただ、その物足りなさが、どこから来るものであるのかは、この時点で彼はまだ、理解すらできていなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第26話2020年8月6日 中島宏著『クリスト・レイ』第26話  ただそれは、この時代よりも、もう少し遡った頃の話で、開拓されて間もない頃の、いわば最盛期ともいえる時代のことであった。月日の移ろいと共にその後、土地の疲弊が強まっていくにつれて、この地方の農業の勢いも目に見えて低下していった。  それでも、この一九三〇年代ではまだなんとか地 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第24話2020年8月4日 中島宏著『クリスト・レイ』第24話 「ところでね、アヤ、今までのあなたの説明が本当に僕に分かったのかどうかということですが、つまり、ここに移民してきた人たちというのは、日本では珍しいキリスト教信者のグループということですね。そういう人たちがこうして同じ所に入って、生活を共にしているということなのですね。そういう解 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第25話2020年8月5日 中島宏著『クリスト・レイ』第25話  なぜ、そのようなことが可能になったのか。そこにまた、新しい疑問がわいてくる。彼は、特に宗教に興味を持って、それを探求するというようなタイプではないが、しかし、このように日本とキリスト教との関わりを聞かされると、その辺りをさらに知りたいという心境になってくる。彼にとっては、日本 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第21話2020年7月29日 中島宏著『クリスト・レイ』第21話 「ところで教会の話ですけど、いったいこれは、どういう教会なのですか。町にあるキリスト教の普通のカトリックの教会とは大分違うと思いますが」 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第22話2020年7月30日 中島宏著『クリスト・レイ』第22話 「そうね、その通りよ。私もずっと、もの心ついたときから、いや、それ以前からもうキリスト教信者だったわね。私の家は代々みんなそうだったし、私が生まれた町や地方でも、ほとんどがそうだったわ」 「ということは、日本でもかなり多くのキリスト教信者がいるということですね」 […]