ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 7月30日のサッカーサンパウロ州選手権で、サントスはポンチ・プレッタの前に良いところなく1―3と惨敗し、サンパウロに続いて下克上に泣いた。一方、厳しい戦いになると目されていたコリンチャンスは、台頭著しいブラガンチーノを寄せ付けずに2―0で貫禄の快勝をみせた。グループリーグD組ではブラガンチーノが1位通過し、コリンチャンスは脱落危機を最終戦の逆転で辛うじて乗り切って進出した。どうやら運気は上向きのよう。準決勝は明日2日に行われ、パルメイラス対ポンチ・プレッタ戦、コリンチャンス対ミラソル戦が行われ、その勝者が8日に決勝戦を行う。そして、その翌9日から全国選手権が開幕する。
     ◎
 7月30日付本欄でも伝えた、大サンパウロ都市圏イタペヴィで7月22日に起きた、路上生活者2人が福音派教会からほどこされた食べ物を口にして死亡した事件に関しての捜査が進んでいる。警察が食べ物を鑑定したところ、ネズミ退治によく使われる毒薬が混ぜられたことが分かった。これを作った女性牧師は自宅で家族が食べて何の問題もなかったと主張している。だとしたら犠牲者たちの手に渡った後に、一体何が起きたのか。謎は深まるばかりだ。
     ◎
 7月30日、大サンパウロ都市圏、サンパウロ州内陸部、海岸部で市警による大型捜査「デカップ8」作戦が行われた。44の捜査令状と25の逮捕令状が出されたほどの規模となったこの捜査は主に薬物取引に対してのもの。市警はすでに大麻31・6キロ、コカイン15・3キロ、クラック1キロ分を押収しているが、平時でもトン単位の大麻押収があることを思えば、捜査規模の割には“収穫”は多くないという声も。背後に何があるのか気になるところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]