ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 7月30日のサッカーサンパウロ州選手権で、サントスはポンチ・プレッタの前に良いところなく1―3と惨敗し、サンパウロに続いて下克上に泣いた。一方、厳しい戦いになると目されていたコリンチャンスは、台頭著しいブラガンチーノを寄せ付けずに2―0で貫禄の快勝をみせた。グループリーグD組ではブラガンチーノが1位通過し、コリンチャンスは脱落危機を最終戦の逆転で辛うじて乗り切って進出した。どうやら運気は上向きのよう。準決勝は明日2日に行われ、パルメイラス対ポンチ・プレッタ戦、コリンチャンス対ミラソル戦が行われ、その勝者が8日に決勝戦を行う。そして、その翌9日から全国選手権が開幕する。
     ◎
 7月30日付本欄でも伝えた、大サンパウロ都市圏イタペヴィで7月22日に起きた、路上生活者2人が福音派教会からほどこされた食べ物を口にして死亡した事件に関しての捜査が進んでいる。警察が食べ物を鑑定したところ、ネズミ退治によく使われる毒薬が混ぜられたことが分かった。これを作った女性牧師は自宅で家族が食べて何の問題もなかったと主張している。だとしたら犠牲者たちの手に渡った後に、一体何が起きたのか。謎は深まるばかりだ。
     ◎
 7月30日、大サンパウロ都市圏、サンパウロ州内陸部、海岸部で市警による大型捜査「デカップ8」作戦が行われた。44の捜査令状と25の逮捕令状が出されたほどの規模となったこの捜査は主に薬物取引に対してのもの。市警はすでに大麻31・6キロ、コカイン15・3キロ、クラック1キロ分を押収しているが、平時でもトン単位の大麻押収があることを思えば、捜査規模の割には“収穫”は多くないという声も。背後に何があるのか気になるところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年8月12日 東西南北  9日正午頃、サンパウロ州内陸部のラヴリーニャス付近のヅットラ街道のサンパウロ市方面行きで、乗用車が大型車両トラックに衝突する事故が起きた。この事故で乗用車に乗っていたサムエルちゃん(6)とサウロちゃん(4)の幼子兄弟が事故死した。道路警察によると、乗用車を運転していた兄弟の父 […]
  • サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す2020年8月11日 サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す  8日、サッカーのサンパウロ州選手権の決勝が行われ、パルメイラスがPK戦の末にコリンチャンスを下し、8年ぶりの優勝を飾った。9日付現地紙が報じている。  5日にコリンチャンスの本拠地イタケロン・スタジアムで行われた第1戦は0―0で引き分け。2戦目は舞台をパルメイラスの […]
  • 東西南北2020年8月8日 東西南北  8日(土)はサッカーのサンパウロ州選手権の決勝戦、パルメイラス対コリンチャンス戦の第2戦が行われる。無観客試合だとはいえ、サンパウロ州のサッカー・ファンの話題はこれ一色のはず。そして、翌9日には全国選手権(ブラジレイロン)の開幕戦が控えている。パルメイラス、コリンチャンスの両 […]
  • 東西南北2020年7月28日 東西南北  サッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグ最終戦が一斉に行われ、26日、決勝トーナメント進出の8チームが決まった。注目のコリンチャンスは、オエステに2―0で快勝し、前日までグループDで上位にいたグアラニーがサンパウロ相手に1―3で敗れたため、順位逆転で進出決定となった。全試 […]
  • 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」2020年6月2日 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」  5月31日、サンパウロ市パウリスタ大通りで反ファシズムを訴える平和的なデモ行進が行われたが、ボウソナロ大統領支持派の乱入により、大混乱が生じた。このところ、ボウソナロ大統領やフェイクニュース(FN)捜査の対象となった人物による、ファシズム、ナチス的な挑発的行為が相次い […]