ホーム | ブラジル国内ニュース | ≪ブラジル≫自粛期間に個人投資家90万人激増=低金利嫌い、リスクをとって株式へ=「経済成長なければツケ払うことに」

≪ブラジル≫自粛期間に個人投資家90万人激増=低金利嫌い、リスクをとって株式へ=「経済成長なければツケ払うことに」

2015年当時のBM&FBovespaの様子(Foto: Rafael Matsunaga/ (Arquivo) – Wikipédia )

 国内個人投資家はこの10年間、ほぼ約50万人前後で推移していたが、ブラジル証券取引所(B3)は昨年7月に100万の大台を突破した。その後も個人投資家の数は増え続け、新型コロナウイルスによる自粛期間中にその動きは激増し、この3月から7月だけで90万人の新規口座が開設され、合計数は300万を目前にするまでに至ったと15付エスタード紙が報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ