ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ州知事》大法廷で正式停職決定=副知事が代行=次は州議会の罷免審議か

《リオ州知事》大法廷で正式停職決定=副知事が代行=次は州議会の罷免審議か

ヴィッツェル知事(Antonio Cruz/Agencia Brasil)

 2日、連邦高等裁判所(STJ)でウイルソン・ヴィッツェル・リオ州知事(キリスト教社会党・PSC)の停職措置の是非をめぐる審理が行われ、14―1の圧倒的大差で停職が決まった。これで、ヴィッツェル氏は正式に180日間の停職となった。3日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ