ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■マリンガーのカメラ業界草分け=植田憲司氏

■訃報■マリンガーのカメラ業界草分け=植田憲司氏

植田憲司氏

 パラナ州マリンガー市で初のカメラマン、文化体育協会会長も担った植田憲司氏が11日(金)に、新型コロナによる合併症により亡くなった。享年93。その一週間前には、70年間寄り添った妻の芳子さん(91)さんも同合併症で亡くなっていた。
 植田氏は福島県出身、1933年サントス丸でブラジル移住。当地では最初、農業に従事していたが、後にマリンガー市で初の写真館経営をはじめ、写真家として多くの貴重な記録写真を残している。
 1982年にマリンガー文化体育協会会長、評議員、顧問、名誉顧問なども歴任。99年に日本政府から勲5等、2000年には同市名誉市民章を受けた。パウリスタ新聞、サンパウロ新聞の代理人役も担った。

 03年にパラナ州政150年を記念して同市内で開拓者表彰が行われた際にも300人の一人として表彰を受けた。娘の明美さんはABRAC(ブラジル歌謡協会)会長、西森ルイス連邦下議夫人。
 マリンガー市のウリセス・マイア市長は12日に植田氏の死を悼み、市で公式追悼を行う法令に署名した。3日間、植田氏への追悼の意として市旗が掲げられる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 東西南北2021年6月1日 東西南北  大統領長男フラヴィオ上議は5月31日、新たな所属政党はパトリオッタと発表した。同上議は5月26日に所属していた共和者を離党。次の政党がどこになるかが注目されていた。他方、ボルソナロ大統領は現在、進歩党との入党交渉がささやかれている。同党はボルソナロ氏の以前の所属政党で、現在も […]
  • 東西南北2021年5月29日 東西南北  このところ、23日のボルソナロ大統領自身も参加したリオ市でのバイク・デモをはじめ、大統領支持派のデモが目立っていたが、今日29日は反ボルソナロ派による大規模デモが予定されている。報じられているところによると、すでに少なくとも全国85市での開催が決まっているとか。大統領支持者の […]
  • 東西南北2021年5月28日 東西南北  連邦政府文化局のマリオ・フリアス文化局長が、文化局内を銃を持って歩いていると報じられている。その銃は本人名義で登録した9ミリ口径のもので、それをベルトの脇に見えるようにして歩いているという。さらに、そういう状況の中で同氏が部下や下請け業者の人に向かって叫ぶ姿も見られており、文 […]