ホーム | コラム | 樹海 | 「子供の将来」と「大人の命」の重さ

「子供の将来」と「大人の命」の重さ

コロナ禍で輸血や成分製剤製造用の血液も枯渇している(Rovena Rosa/Agencia Brasil

コロナ禍で輸血や成分製剤製造用の血液も枯渇している(Rovena Rosa/Agencia Brasil

 新型コロナウイルスの世界的流行で、当たり前だと思っていた事が当たり前でなくなった人や、当たり前だと思っていた事や必要な事が出来なくなった人は多い。
 今まで通りには出来なくなったもの(一部は回復)は、買い物や観劇、外食、スポーツと列挙に暇がない。家族や友人と会うのいも思い通りに行かなくなった。以前なら目もくれなかった事が、これまでになく大切に思える人もいるだろう。
 他方、感染が怖くて病院や予防接種に行けないという話や、持病があるのに感染を怖れて診察を受けず、持病悪化で亡くなったという話には胸が痛む。
 コロナ感染と勘違いされ、コロナ患者専用病棟に入れられた末期癌患者が、PCR検査で陰性と判明した時には死亡という例もある。
 9月は臓器提供を呼びかける「緑のキャンペーン」月間だが、今年の臓器提供は例年以下。骨髄の場合、1~7月の提供者は昨年同期を30%下回った。骨髄などの臓器や血液は移植や種々の手術に不可欠だ。
 だが、コロナ感染を怖れて臓器提供や献血に行けない人、安全用具や薬、血液などの不足で診察や手術を受けられない人もいる。
 「子供への教育を中止したり放棄したりすれば、どれ程大きな損失を生むかと知っていれば、バーやレストランの再開以上に学校再開を考えるべき」と世界保健機関は言う。損ずるものが命なら、どう処するべきか。
 必要な予防対策などを講じ、行動様式を変えれば、人々の命を救う事が出来、子供や国の将来を救う事が出来るのに、踏み出せない人や機関も多い。コロナ禍の中だからこそ考え直すべき事、行うべき事がありそうだ。     (み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》今も感染者ゼロの先住民部落=社会的隔離の効果を実証?2020年9月18日 《ブラジル》今も感染者ゼロの先住民部落=社会的隔離の効果を実証?  新型コロナウイルスの感染拡大で、ブラジルでは感染者が445万人を超え、約13万5千人が命を失ったが、今も感染者ゼロの先住民部落がある。ブラジル北部のパラー州南東部にあり、約450人が住むテコハウ部落だ。  この部落は、3千人近い感染者と94人の死者が出ているパラゴミ […]
  • 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重2020年9月18日 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重  17日、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、サンパウロ市の学校での対面授業再開に関する会見を開いた。当初予定していた10月7日からは課外授業のみを再開し、正式な授業(正課授業)の再開は11月からとした。17日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジルでは新型コ […]
  • リベルダーデ東洋市、再開へ=早ければ今週末にも開始か=非東洋品禁止法案で物議2020年9月18日 リベルダーデ東洋市、再開へ=早ければ今週末にも開始か=非東洋品禁止法案で物議  聖市のリベルダーデ駅前で毎週末に開催され、「フェイリーニャ・ダ・リベルダーデ」の名で親しまれていた東洋市。クアレンテ開始以来、ずっと未開催だったが、今月から関係者の会議が本格化し、再開の兆しを見せている。当初は先週末(12、13日)再開という話もあったが流れ、早ければ […]
  • 特別寄稿=菅内閣誕生で川合昭の出番だ=アチバイア 中沢宏一2020年9月18日 特別寄稿=菅内閣誕生で川合昭の出番だ=アチバイア 中沢宏一  安倍首相が引退され、その後継者として菅義偉氏が第99代総理大臣に選ばれました。選挙区は横浜ですが、出身は秋田県南部湯沢市雄勝です。安倍政権を7年8カ月間、官房長官として支えてきました。その実績を評価され岸田、石破両候補に大差をつけての圧倒的な支持を得ての当選です。その […]
  • 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?2020年9月18日 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?  今月から市中に出回り始めた200レアル札。注目の裏面図柄には「タテガミオオカミ」(lobo-guará)が採用されている。「絶滅危惧種」ではないが、南米のみに生息する貴重な野生動物。ブラジル中部および東部を中心に、アルゼンチン北部、パラグアイ、ボリビア東部にも。ただし […]