ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ダッタフォーリャが24日に発表したサンパウロ市市長選の世論調査によると、セウソ・ルッソマノ氏が29%でトップに立った。同氏は2012年、16年の市長選でもキャンペーン直前までトップで、そのときはいずれも31%あったという。だが、その両年共、同氏は3位に終わっている。現職のブルーノ・コーヴァス市長は20%で2位。ギリェルメ・ボウロス氏とマルシオ・フランサ氏が9%と8%で左派票を争っている。拒絶率はコーヴァス市長が31%と最も高く、共に支持率が1%ずつと低かったレヴィ・フィデリックス氏とジョイセ・ハッセルマン氏が各々、30%と28%で続いている。選挙運動でこれらの数字がどう変わっていくか?
     ◎
 そのサンパウロ市市長選に関して23日、政党ノーヴォは同党の同市市長候補のフィリペ・サバラー氏の党員資格を一時的に停止すると発表した。同党の倫理委員会が決めたことだというが、その理由は明らかにされていない。サバラー氏はここまで、世論調査で1%程度の支持を受けていた。26日が候補者の最終締切なので、党員資格停止処分がそれまでに解除されなければ出馬できない。サバラ―氏は「党首からの迫害行為」と主張するが、真相は?
     ◎
 23日のサッカーのリベルタドーレス杯、パルメイラスは敵地パラグアイでのグアラニー戦を0対0で引き分けたが、グループBの首位は保った。ポルト・アレグレでの伝統カード「グレナル」が実現したグレミオ対インテルナシオナル戦は、1対0でグレミオが勝利した。グループEはインテルが首位、グレミオが2位で追っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月15日 東西南北  この週末、13日に行われたフランスのサッカー国内リーグの対マルセイユ戦で、PSGのネイマールは、相手ディフェンダー、アルヴァロ・ゴンザレスの後頭部を叩き、一発退場となった。ネイマールによると、この選手からは人種差別的な発言をされたということで、試合後もSNSで「顔を殴ればよか […]
  • 東西南北2020年8月22日 東西南北  サンパウロ州でも19日頃から急に冷え込みが厳しくなった。南極から寒気団が北上しているためで、すでにブラジル南部では降雪を記録したところが何カ所もある。サンパウロ州でも今週末の冷え込みは厳しく、予報だと22日には最高気温が14度以上にあがらず、最低気温も8度前後になるとか。標高 […]
  • 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる2019年12月19日 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる  来年3月から始まるカタールW杯南米地区予選の対戦順と、クラブチーム南米王者の座を争う、来年のリベルタドーレス杯の組み合わせの抽選が17日に行われた。  2022年にカタールで行われるW杯の南米出場枠は4・5で、南米サッカー連盟加盟10カ国がホーム・アンド・アウェー方 […]
  • 東西南北2019年8月21日 東西南北  19日、サンパウロ市では午後3時頃から空が夜のように真っ暗になった。あまりに珍しいため、ネット上では、この件についての話題も多かった。気象観測所によると、今回の現象は、サンパウロ州海岸部に上陸した寒冷前線が海から湿気をもたらし、分厚い雲が低空に滞留したせいだという。それに加え […]
  • 東西南北2019年8月13日 東西南北  サンパウロ州政府が、現在工事が滞っている地下鉄6号線に関して、現在のコンソーシオに代わる企業を求めている。この線は北部ブラジランジアから中央部にある1号線サンジョアキン駅までを結ぶもので、2016年から工事がはじめられていたが、参加企業がオデブレヒトやケイロス・ガルヴォンなど […]