ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市保健局の発表によると、8月31日~9月18日のコロナウイルスによる死者増加率が最も高かったのは西部のヴィラ・ソニア区。死者は96人から137人に41人も増え、42・71%の上昇となった。隣接するモルンビも、47人から62人にと31・91%増えて4位、ピニェイロスは67人から87人にと29・85%増えて10位だった。かねてから死者の多い東部では、アリカンドゥーヴァ48人で37・21%(2位)、ペーニャ64人で35・36%(3位)、ヴィラ・マチルダ47人で30・32%(8位)と、いずれも高い増加率を記録した。累積死者数最多は東部サポペンバの527人で、北部のブラジランジア(437人)、南部のグラジャウ(423人)が続く。市は外出規制の緩和レベルを「4」に上げようとしているが、対策はしっかりお願いしたい。
     ◎
 26、27日は春になって初めての週末。サンパウロ市では27日の最高気温が34~36度となり、今年一番の暑さとなった。9月に入ってからは、サントス市などの海岸部が海水浴客でごった返す状態を繰り返している。こういうことが続けば、いくら暑くても、感染防止のための規制が必要かも。この暑さは28日も続いたが、29日は湿った空気が入り込んで湿度が上がり、雨が降りやすくなるという。ただし30日からはまた暑さが戻るので、寒暖の差に要注意だ。
     ◎
 週末のサッカーの全国選手権。サンパウロは26日のインテルナシオナル戦、パルメイラスとサントスは27日にそれぞれ、フラメンゴ、フォルタレーザとの試合を、いずれも1対1で引き分けた。この3チームはいずれもリベルタドーレス杯のグループ・リーグと並行した過密スケジュールで戦っているので疲れもたまりやすいが、怪我をしないように気をつけて欲しいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月2日 東西南北  1月30日に行われたリベルタドーレス杯の決勝戦。会場のリオのマラカナン・スタジアムでは少数の観客を入れて試合を行ったが、観客席にサントスのユニフォームを着たブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長がいたことが問題視されている。同市長は招待を受けての観戦だったというが、癌の治療の […]
  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 東西南北2020年12月5日 東西南北  コロナの感染再拡大により、11月30日からはサンパウロ州内全域の規制レベルが黄レベル(5段階中の3番目)となった。クリスマスが近くなったこの時期、人混みを減らすのは簡単ではない。そんな中、サンパウロ市の地下鉄とCPTM、バスの混雑状況を教えてくれる便利なアプリができた。「Su […]