ホーム | 特集 | 日本移民の日2020年 | 【日本移民112周年記念】コロナ禍で世代交代の光明=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 市川利雄

【日本移民112周年記念】コロナ禍で世代交代の光明=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 市川利雄

市川会長

 今年、コロナウイルスによる未曾有の災禍の中、ブラジル日本移民112周年を無事、終えることができたことをうれしく思います。関連する行事を支えてくださった皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
 ご承知のようにブラジル日本都道府県人会連合会(県連)は各県人会が共同し、先達移民の象徴である「ブラジル日本移民開拓先没者慰霊碑」の管理、日本文化・伝統を守り普及し、これを次世代に継承するための「Festival do Japão」(日本祭り)などを行っています。
 今年はコロナ禍により、多くの事業の実施が困難になり、戸惑うことばかりでした。特に、「Festival do Japão」(日本祭り)の中止は打撃が大きく、模索を続け、オンラインによる実施を提案しました。
 その結果、次代を担う青年層が企画から運営段階すべてに積極的に加わり、日本の郷土紹介を推進しようと新しい風が吹き始めました。
 当初は「まさか」の事態に困惑しましたが、オンライン日本祭りの実現だけではなく、世代交代の必要が言われて久しい日系社会の中で、そのバトンを受け継ぐ青年層の発掘という「まさか」の結果を導くことができました。
 このような成果が得られたのも、一世紀以上も前に何も持たずにブラジルに渡り、辛苦に耐えながら、将来の投資として子弟教育に精魂を傾けていらっしゃった先輩方のお陰だと思わずにはいられません。
 サンパウロにジャパンハウスがオープンして3年目を前にして、当地の日系人口にあたる200万人の入館者数を突破したり、日本祭り20万人の入場者の6割が日系以外の方であるなど、日本や日本文化はブラジル社会に十分溶け込んでいます。
 同様に、青年層は日系人としてのアイデンティティを持ちつつ日系社会という枠を飛び越えブラジル社会の核となってその成長と発展に貢献しています。
 今後の私たちの役割の一つに日系・非日系といった枠組みではなく、日本に強く惹かれ、つながりと連携を求める層を育て、単に文化面や人材面だけではなく経済面も含めて、ブラジルを代表して日本と交流していけるよう青年層などと共に、大きなヴィジョンを描きそれに向かって歩むことであると考えています。
 コロナ禍も落ち着く方向に向かっているとはいえ、まだまだ、完全に収まっていません。皆様、ご健康には十分にご配慮され、楽しい夢に向かって共に歩んでまいりましょう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]