ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領三男が反民主主義行為の首謀者?=フロッタ下議が連警に証拠提示=発信元のIPアドレス一致

《ブラジル》大統領三男が反民主主義行為の首謀者?=フロッタ下議が連警に証拠提示=発信元のIPアドレス一致

エドゥアルド下議(Wilson Dias)

 ボルソナロ大統領関係者を中心とした「反民主主義的行為」疑惑に関して捜査を進める連邦警察に対して、アレッシャンドレ・フロッタ下議(民主社会党・PSDB)が、大統領三男のエドゥアルド下議(社会自由党・PSL)のコンピューターからこの情報が発信されていた証拠を提出していたことが明らかになった。6、7日付現地紙、サイトが報じている。
 この件はフォーリャ紙が6日に第一報を報じたもので、グローボ局も同日夜、反最高裁・反連邦議会をうたった「反民主主義的行為」に対する捜査に関するフロッタ氏の供述内容を入手したと報道している。
 フロッタ氏が9月29日に連警で行った供述と連警に提出したデータによると、エドゥアルド氏が「反民主主義的行為」に関与し、関係者を指揮していたことなどを示す情報は、エドゥアルド氏や彼の側近らに関連する住所にあるコンピューターから発信されていたという。
 エドゥアルド氏自身のコンピューターは、リオ市パスツール大通りにあるエドゥアルド氏のアパートにあるものと、エドゥアルド氏が現在住んでいるブラジリアのジャルジン・ボタニコにある家屋のそれで、種々の情報がこれらのIPアドレスから流されていたという。
 また、そのコンピューターのユーザーがログインする際のメールアドレスも、エドゥアルド氏が2018年の下院議員選挙の際に申請し、下議として公式に使用しているものと同じだという。
 最高裁や連邦議会、ロドリゴ・マイア下院議長や特定のジャーナリストを攻撃してデモを煽っていた「ボルソフェイオ」サイト(現在休止中)が、連警の捜査ではもっとも問題視されている。
 このサイトが、下院内で使われているコンピューターを使って創設・運営されていたこと、そのサイトのユーザーがエドゥアルド氏の側近が使っている電話を使って登録、ログインしていたことは、フェイスブックがフェイクニュースに関する連邦議会の両院合同調査委員会(CPMI)に提出した資料ですでに判明している。

 さらに、供述の中でフロッタ氏は、大統領次男のカルロス氏も、この件に関与しているとの証言を行っている。
 フロッタ氏によると、連邦政府内にあると言われる「憎悪部隊」が、連邦議会や最高裁と軍との関係を狂わせるような憎悪を焚きつける行為を始めていたという。このことも、フェイクニュースに関する連邦議会のCPMIで、調査、報告されている。フロッタ氏はこのCPMIのメンバーだ。
 フロッタ氏はさらに、4月に行われた陸軍本部の前での反民主主義デモや、6月の最高裁に向けての花火発射事件を指揮したのは、オトニ・デ・パウロ下議(キリスト教社会党・PSC)の側近と思しき男性との供述も行っている。フロッタ氏によると、オトニ下議は、その男は知っているが、自分の側近ではないと言っているという。
 現在は、連邦警察が5月から「反民主主義行為」に関する捜査と並行して行っている「フェイクニュース捜査」に関しても、関心が高まっている。
 二つの捜査の対象者は、大統領支持者の企業家らが中心で、選挙高裁が昨年、選挙に出馬した候補や一般国民に大量のSNSメッセージを送ることを禁じたにもかかわらず、今も送り続けていることが判明している。
 このグループへの関心が高まっているのは、市長・市議選が近づいているためだ。それは、18年の大統領選の際にボルソナロ陣営が行ったとされる、特定企業によるワッツアップでのフェイクニュース大量拡散が繰り返して行われる可能性があるためだ。5日付フォーリャ紙サイトによると、市長選に関して、既に規定を破って虚報を大量投下したり、携帯電話の番号などの情報を売りつけている企業が存在するという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル選挙》大統領が次男に超過献金=“元幽霊職員”の応援も2020年10月9日 《ブラジル選挙》大統領が次男に超過献金=“元幽霊職員”の応援も  選挙運動中の市長・市議選で、ボルソナロ大統領が違反額となる献金や、かつて幽霊職員と報じられた人物の応援をするなどの行為を行っていると、8日付現地紙、サイトなどが報じている。  大統領はまず、リオ市の市会議員選で再選を目指す次男カルロス氏に対し、1万レアルの献金を現金 […]
  • 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に2020年10月8日 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に  サンパウロ市市長選に伴う恒例のテレビ候補者討論会が続々にキャンセルされており、支持率1位のセルソ・ルッソマノ候補(共和者・RP)以外の候補者を苛立たせていると、7日付現地紙が報じている。  討論会のキャンセルは、9月28日にSBT局がコロナ禍を理由にキャンセルと発表 […]
  • 高等裁=大統領長男の訴えを無期延期に=職員給与不正着服捜査の打切り嘆願2020年9月16日 高等裁=大統領長男の訴えを無期延期に=職員給与不正着服捜査の打切り嘆願  連邦高等裁判所第5小法廷は15日、大統領長男フラヴィオ・ボルソナロ上議に関するラシャジーニャ疑惑の捜査差し止め審理を、無期延期することを決めた。同日付現地サイトが報じている。  ラシャジーニャ疑惑は、フラヴィオ氏がリオ州議だった2003年から18年にかけて行われたと […]
  • 反大統領派の看板キャスター解雇! ついに検閲の前触れか2020年9月11日 反大統領派の看板キャスター解雇! ついに検閲の前触れか  8日、国内で2、3番手の視聴率のテレビ局SBTは、女性看板キャスターのラケル・シェヘラザーデの解雇を発表した。これに対し「ついにボルソナロ政権による検閲行為、開始か?」と見る向きが少なくない。  その前触れがないわけではなかった。SBT社主は、一介のフェイランテから […]