ホーム | ブラジル国内ニュース | 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行

英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行

ブラジルでの報道(Twitter)

 21日、リオ市で新型コロナウイルスに対するワクチンの治験に参加したブラジル人ボランティアが死亡したとの報道が流れて、一時波紋が広がった。その後、亡くなった人は偽薬を接種されていたと報道され、治験は続行されている。この臨床試験(治験)は、ワクチン接種組と偽薬接種組の効果を比較する形で行われている。22日付現地紙、サイトが報じている。
 亡くなったのは、アストラゼネカ社とオックスフォード大学が共同で開発していた英国ワクチンの治験に参加していた28歳の新任医師で、コロナ感染症の合併症で15日に死亡した。
 同ワクチンは、連邦政府がすでに購入契約を行っているもの。ボルソナロ大統領が中国製のコロナバック購入を強行に拒否した後も、このワクチンの購入解約の意思は表明していなかっただけに、治験者死亡の報道は注目度が高かった。
 この医師は7月から治験に参加。コロナ感染症患者に対応する中、自らも9月に感染したという。

 この報道が行われたのは21日の13時過ぎで、この時点では「ワクチンが原因で亡くなったのかは定かではない」との報道だった。だが、午後7時頃に行われた報道で、この治験者がワクチンによる副作用で亡くなっていたのではなく、偽薬を投薬された後にコロナ感染症に罹患して亡くなったと報じられた。
 治験者が死亡したことは、19日に国家衛生監督庁(ANVISA)に報告され、第三者による委員会が治験継続を決めたことなども連絡を受けている。同庁では今後も、治験の経過を観察する意向を表明している。
 治験者死亡がワクチン副作用と無関係だったことで、アストラゼネカ社とオックスフォード大学の研究者や、協力を行っているサンパウロ連邦大学のチームらは、「この件で研究を止める必要はない」として、治験を続行している。
 このワクチンに関しては、9月8日にも、イギリスでの治験者に「重大な副作用が出た」として、治験が一時的に中止されたが、4日後に治験を再開したという経緯がある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンパウロ州全体が最悪レベルに=全国で過去最悪記録を連日更新=24時間の死者1726人2021年3月4日 《ブラジル》サンパウロ州全体が最悪レベルに=全国で過去最悪記録を連日更新=24時間の死者1726人  サンパウロ州は2日の死者が過去最多の468人増え、累計も6万14人となった。一般病室も含めた入院患者が1万6千人を超え、UTI占有率が75・3%となった。  同州は3日に規制を強化し、6~19日の14日間は全州を赤レベルとすると発表した。ただ、親が医療従事者である場 […]
  • 東西南北2021年3月4日 東西南北  ボルソナロ大統領が、イスラエルで癌治療用に開発され、「コロナにも効く」と噂される鼻から吸引のスプレーに興味を抱き、6日にエルネスト・アラウージョ外相らを派遣し、ブラジルでの第3段階の治験を行うための交渉を行わせる。人口約900万人とサンパウロ市よりも少ないイスラエルでは、ワク […]
  • 《記者コラム》違いを超え、互いの命を守るべき時2021年3月4日 《記者コラム》違いを超え、互いの命を守るべき時  暗いニュースは書きたくないし、読みたくない。だが、実態を知らなくては戦えない。最悪の状況だからこそ、何が起きているかを知らなければならないと思う。  米国大統領選最終日、マスクも着けないトランプ氏をマスク不着用で迎えた熱狂的な支援者を見て、感染者や死者が増えると考え […]
  • 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か2021年3月3日 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か  新型コロナの感染再燃が加速化し、専門家が「今後2週間は戦争」「最も悲しい3月となる」と表現する事態に直面している。  全国保健局長審議会(Conass)が1日、全国一律の夜間外出禁止措置をとる事と、集中治療室(UTI)の占有率が85%を超えたら即座にロックダウンを宣 […]
  • 《ブラジル》大統領がCOVAX参加を承認=求められるワクチンの多様化2021年3月3日 《ブラジル》大統領がCOVAX参加を承認=求められるワクチンの多様化  ボルソナロ大統領は2日、世界保健機関(WHO)が推進している新型コロナウイルスに対するワクチン供給計画の「COVAXファシリティ」に参加し、同計画が供給するワクチンは国家衛生監督庁(ANVISA)の緊急使用許可や正式登録許可を得ていなくても購入できるとする法案を裁可し […]