ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》選挙に熱中しすぎてコロナ感染拡大?=キャンペーンを中止した市も

《ブラジル》選挙に熱中しすぎてコロナ感染拡大?=キャンペーンを中止した市も

マカパーでの外出規制厳格化を報じた28日付G1サイトの記事の一部

 統一地方選投票日まで2週間余りとなり、候補達の動きも活発になっている。だがキャンペーンによる人混みで密集、密着が起きたのか、新型コロナウイルスの感染者や死者の増加が起きている州や市が増え、選挙キャンペーンの中止命令が出たりしている。
 28日付G1サイトが報じたのは、アマパー州州都マカパーの例だ。同市では感染者や入院患者が増えたため、28日から7日間、人混みが生じるような活動や、バーやショーハウスなどの営業停止を命じる市長令が出た。市長令発令は州政府の指示で、人混みが生じるような活動には青空集会での選挙キャンペーンなども含む。夜9時以降に公共の場にいる事や、お盆にあたる11月2日の墓参りも禁じられた。
 店内の消毒や社会的距離の確保、公的な場所でのマスク着用なども義務で、違反者には1最低賃金の罰金が科される。

 保健省のデータでは、18~24日(感染学上の第43週)の感染者が前週より多い州が21、死者が増えた州も11ある。同週の新規感染者は前週より10・3%多い15万6273人で、4週間続いた減少が途絶えた。死者は前週より7・2%減の3228人で、減少傾向を維持した。
 新規感染者増が著しい州と増加率は、パラー85・4%、セルジッペ56・2%、リオ50・2%、アマゾナス39・8%など。
 24日の数を17日の数で割った際の感染者と死者の増加率が5・1%と4・5%で全国一のリオ・グランデ・ド・スル州は、新規感染者が27・8%、死者は15・5%増えた。
 新たな死者増加率は、アマパー66・7%、アクレ40%、パラー32・3%、トカンチンス21・2%、アマゾナス20%などが目立つが、絶対数ではサンパウロ州(感染者2万6621人、死者734人)が最も多い。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》知事「コロナバック1月に開始可能」=連邦政府の中国製外しに反発=州独自の接種計画7日発表2020年12月5日 《サンパウロ州》知事「コロナバック1月に開始可能」=連邦政府の中国製外しに反発=州独自の接種計画7日発表  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)とサンパウロ市にあるブタンタン研究所のジマス・コーヴァス所長が3日、同研究所が治験を統括し、生産も行う中国シノバック社製の新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」の接種は、来年1月から可能と主張。来年3月から […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=死者増加で新対策続々=リオ、BH、サンパウロ市など2020年12月5日 《ブラジル》コロナ禍=死者増加で新対策続々=リオ、BH、サンパウロ市など  新型コロナの感染再拡大で、感染者や死者の増加に危機感を抱いている自治体が、次々に新たな対策を発表していると4日付G1サイトなどが報じた。  3日現在の感染者は前日比5万434人増の累計648万7084人、死者も755人増の累計17万5270人。直近7日間の1日あたり […]
  • 東西南北2020年12月5日 東西南北  コロナの感染再拡大により、11月30日からはサンパウロ州内全域の規制レベルが黄レベル(5段階中の3番目)となった。クリスマスが近くなったこの時期、人混みを減らすのは簡単ではない。そんな中、サンパウロ市の地下鉄とCPTM、バスの混雑状況を教えてくれる便利なアプリができた。「Su […]
  • 日本外務省研修生が総会=ラ米11カ国からOBら300人=3日間オンラインで交流2020年12月5日 日本外務省研修生が総会=ラ米11カ国からOBら300人=3日間オンラインで交流  隔年開催の「外務省研修生OB会ラテンアメリカ会議」の第17回総会が11月3、4、5日に開催された。例年5月の開催のところ今回はコロナ禍の影響で11月に延期し、宮坂国人財団(西尾ロベルト会長)の協力のもと、初のオンライン開催に踏み切った。  同会にはラテンアメリカ・カ […]
  • 特集=在聖総領事館がSDGs解説=公立学校生徒らに遠隔授業で=コロナ禍で拡大する問題解決に2020年12月5日 特集=在聖総領事館がSDGs解説=公立学校生徒らに遠隔授業で=コロナ禍で拡大する問題解決に  サンパウロ市教育ネットワークの4つの学校の生徒たちは11月16日、在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)の池田泰久広報文化班領事を講師とするオンライン授業を受講した。これは、ブラジル外務省サンパウロ事務所(ERESP)が協力する、国連における外交官の役割を公立学 […]