ホーム | 日系社会ニュース | 文協=移民史料館が5日から再開=寄付者優先、要予約で週3日

文協=移民史料館が5日から再開=寄付者優先、要予約で週3日

 サンパウロ州政府が外出自粛規制緩和レベルを「5段階中の4段階目」を示す「緑」への引き上げたのに伴い、ブラジル日本文化福祉協会はブラジル日本移民史料館(山下リジア玲子運営委員長)を11月5日から、感染対策を徹底して段階的に再開することを発表した。
 コロナ禍で経営が困難になった同館への寄付「アミーゴキャンペーン」に賛同して寄付してくれた人を優先するが、一般来場者も入場できる
 石川レナト文協会長は「コロナ禍で約7カ月を経て、やっと再開しました。来館していただき移民の歴史を再確認してください」と呼びかけている。
 サンパウロ市が定めた感染対策を万全にした体制で活動再開を行う。入館の際には体温測定を行い、入口で手消毒ジェルや消毒用マットでの消毒を行う。各所にもアルコール消毒を設置し、入館者、従業員ともにマスクを義務化している。1・5メートルの人間距離確保を行い、その距離をあけるマークに沿って移動するよう設定している。
 来館者は1時間に最大25人までの定員を維持し、エレベーター使用は2人まで(同一家族の場合、4人まで)と定めている。館内の清掃頻度を上げ、施設スタッフは全員各部門ごとに必要とされる感染予防対策訓練を実施。同館施設の換気システムは空気を40分毎に100%換気を行うとのこと。
 ロッカーや館内の図書館、飲料用ウォーターサーバーなどの使用は禁止、ガイド付き見学会や講演会などは行わない模様。
 移民史料館は11月5日から当面、木曜日・金曜日・土曜日の10時30分~2時30分まで限定で開館する。4つのスケジュール(10時30分~11時30分・11時30分~12時30分・12時30分~13時30分・13時30~14時30分)で分かれており、各時間25人までの定員となっている。
 入館希望者はまず文協サイト内(https://www.bunkyo.org.br/br/home/)の予約ページから申し込む必要がある。問い合わせは同事務局(日本語対応可能、電話=11・3209・5465/メール=museu@bunkyo.org.br)まで。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》全域で赤レベルがスタート=医療崩壊目前で2週間2021年3月6日 《サンパウロ州》全域で赤レベルがスタート=医療崩壊目前で2週間  6日午前0時より、2週間の予定でサンパウロ州全域がコロナウイルスの外出自粛規制で最低の赤レベルとなる。規制強化前日の5日は、抗議デモを起こす集団が現れるなどの混乱も起きた。5日付現地サイトが報じている。  赤レベルでは、「必要最低限の商業活動のみ」が認められる。生活 […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 北海道祭り=焼きにしん・イカ・中華おこわ=注文申込みは19日まで2021年3月6日 北海道祭り=焼きにしん・イカ・中華おこわ=注文申込みは19日まで  ブラジル北海道文化福祉協会(大沼宣信会長)は28日に「第26回北海道祭り」を開催する。  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区にある同会館(Rua Rua Joaquim Tavora,605,Vila […]
  • 《サンパウロ市》対面授業再開で感染悪化=116校で感染者や死者確認2021年3月5日 《サンパウロ市》対面授業再開で感染悪化=116校で感染者や死者確認  新型コロナ感染症による入院患者が新記録を更新し、集中治療室(UTI)占有率が高まる中、サンパウロ市の公立校教師達が対面授業の中止を求めている。  サンパウロ市公務員組合(Sindsep)によると、2月15日の対面授業再開以来、116校で生徒や教職員計335人が感染し […]
  • 《ブラジル》コロナ死者1910人/日で悲しい新記録=新規感染者は全世界の25%も2021年3月5日 《ブラジル》コロナ死者1910人/日で悲しい新記録=新規感染者は全世界の25%も  新型コロナは感染拡大が進み、3日は1日の死者が1910人(保健省統計)にまで増加した。新規感染者は保健省統計で7万1704人という多さで、米国を上回る世界1位だったと3~4日付現地紙、サイトが報じた。  保健省による3日現在の死者累計は25万9271人で、7日間の平 […]