ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 手に汗握る大接戦の上に開票に時間がかかることから、人々の加熱が止まらない米国大統領選。4日はトランプ氏がウィスコンシン州の票の数え直しやミシガン州などの開票停止を求めたため、興奮したトランプ支持者たちが開票場の前で抗議行動を行う事態も起きた。開票継続に反対するトランプ支持者と賛成するバイデン支持者の衝突も。いっそのこと、ブラジルのように電子投票にすれば、こうした問題は起きないはずだが、選挙人制度変更には時間もかかる。あと、抗議のために開票場に圧力をかける行為は民主主義的ではないのでは。今回の大統領選では、ブラジルでもボルソナロ大統領が州の開票結果に感情的に反応する姿や、大統領三男エドゥアルド下議が具体的内容も言わず、バイデン氏の票の不正を疑ったりと、気が気でない様子。心臓にはたしかに悪いか。
     ◎
 昨日付で報じた、人気ブロガー、マリアナ・フェーレルさんの強姦裁判敗訴の件が、まだ波紋を呼んでいる。これについて保守系ラジオ局ジョーベム・パンは4日、ジャーナリストのロドリゴ・コンスタンチーノ氏を解雇した。同氏は放送の中で、「もし自分の娘が強姦被害にあったら、相手を訴えることはせず、過ちをおかした娘に罰を与える」と語って抗議が殺到したのだ。自分の娘の側にさえ立てないほど、「強姦は女性に問題がある」という考えなのだろうか。
     ◎
 4日に行われたサッカーのブラジル杯ベスト16の第2試合、コリンチャンスは第1戦で敗れたアメリカMGに1―1で引き分け、サントスは前戦で引き分けたセアラーに0―1で敗戦。共にここで脱落となった。共に、相手が格下だっただけになんとか勝って欲しいところだったが、こうした下克上があるのもトーナメントの醍醐味だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]
  • 東西南北2021年2月23日 東西南北  21日のサッカー全国選手権、今季の天王山となったフラメンゴ対インテルナシオナル戦はフラメンゴが2―1で逆転勝利。インテルの優勝を阻止しただけでなく、順位も逆転して首位に立った。残るは25日に行われる最終戦のみ。この試合でフラメンゴが対戦相手のサンパウロに勝てば優勝する。サンパ […]
  • 東西南北2021年2月19日 東西南北  一般高齢者に対するコロナワクチン接種は大サンパウロ市圏でも行われているが、同じ圏内であっても市によって対応が異なっている。大部分はサンパウロ市と同じく、現在は「85〜89歳」が接種対象となっているが、ジアデマではすでに「80〜84歳」が対象になっているという。逆に、グアルーリ […]