ホーム | 日系社会ニュース | JETROサンパウロ所長交代=大久保所長帰国、後任は原氏

JETROサンパウロ所長交代=大久保所長帰国、後任は原氏

オンライン取材の様子(上が原新所長、下が大久保前所長)

オンライン取材の様子(上が原新所長、下が大久保前所長)

 「5年間本当にお世話になりました」││JETROサンパウロ事務所所長を5年間勤めた大久保敦氏(群馬県・56歳)は10月23日のオンライン取材でそう語った。
 経済産業省が所管する独立行政法人・日本貿易振興機構(JETRO)サンパウロ事務所では、5年間所長を勤めた大久保氏が10月27日に帰国し、原宏氏(青森県・53歳)に交代した。
 大久保前所長は、93年から98年までの5年半をサンパウロ市で、その後02年から7年間をチリで勤務し、今回の5年間のサンパウロ所長を含めると南米勤務は通算15年以上になる。
 大久保氏は当地在任中、フェイスブックやユーチューブなどのSNS発信を強化、かねてからの念願だった和牛輸入も開始させた。当地のスタートアップ企業に着目して、ブラジル日本商工会議所のイノベーション委員会を通して「日伯イノベーション・シンポジウム」の初開催をもり立ててきた。
 「コロナの悪影響は大きいが、オンライン化が促進したことで日伯間の距離が近くなり日系企業の南米進出にも目が向けられるようになった部分もあった」との前向きな変化を語った。
 後任の原氏は「大久保の時に作られたベースを踏襲して、今以上に良くなるよう強化したい」と意気込んだ。
 原新所長は、今回で3回目のブラジル勤務。最初は1994年から97年の3年間リオで、2回目は2008年から12年の4年間もサンパウロでの勤務、通算で7年とブラジルに明るい。
 原氏は、「大久保在任中に彼の地元・高崎のだるまの輸入販売が開始された。私も地元青森県と関わりのある仕事ができたら」との期待をのべた。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?2020年11月17日 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?  最近、グローボTV局の看板キャスターが次々に画面から消えていることを不審に思っている読者も多いだろう。どこへ消えたのか――。実はその大半はCNNブラジルに行き、「グローボもどき」になっている。移籍報道を読むと「待遇の悪さから辞職した」などの当人たちの生々しいコメントも […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 《ブラジル》コロナ禍でワインが売れる=1~8月販売量が37%増加2020年11月4日 《ブラジル》コロナ禍でワインが売れる=1~8月販売量が37%増加  新型コロナウイルスのパンデミックの中、ブラジル国内では1~8月のワインの販売量が大幅に増えた。「国産高級ワイン」の販売量も増大しており、国内のワイン生産者達は新しい消費者をつなぎ止めようと、国産ワインの売り込みに力を入れている。  ブラジルでの「ワイン」の販売が伸び […]
  • 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応2020年10月23日 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応  医療機関が多数存在するサンパウロ市の中でも、一番の目抜き通りのパウリスタ大通りにある桜田クリニックは、患者のニーズに徹底して答えて今年で30周年を迎えた。  桜田クリニック院長、桜田雅美ローザ院長(二世・56歳)は1990年にサンパウロ州立総合大学歯学部を卒業。持ち […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]