ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》今年の米国大統領選より厳しかった伯国の2014年

《記者コラム》今年の米国大統領選より厳しかった伯国の2014年

ジウマ氏とアエシオ氏(Agencia Brasil)

ジウマ氏とアエシオ氏(Agencia Brasil)

 当選確実が発表されるのに5日間かかった今年の米国大統領選に関し、「歴史上稀に見る大接戦だった」「米国を2つに分断する選挙」であったかのように言う人もいる。
 それは、敗れたトランプ氏がバイデン氏の投票を訴えて食い下がっていることで、そういう印象が生まれやすくなっているところがある。とりわけ、日本のネトウヨたちが同じくバイデン氏の不正を叫びネット上で驚くほど盛り上がっている事実もある。
 だが、コラム子に言わせてもらうなら、今回の選挙結果がそこまで接戦だったとは思っていない。当選の発表が行われた7日の時点でバイデン氏の選挙人獲得数は279人。
 この時点で過半数の270人を9人上回っている上に、この時点で選挙人獲得の行われていなかったジョージア州、アリゾナ州でも実質リードを12日現在でもしている。この2州を取ればバイデン氏の選挙人獲得は306人となり、「圧勝」とまではいかないものの、比較的余裕を持った勝ち方の部類となる。
 さらにいえば、この2州を仮にバイデン氏が落としても、バイデン氏がすでに勝利した州の結果を一つ覆して逆転せねばならない。12日現在で、選挙管理委員会から不正の報告はあがっていない。
 加えて、トランプ支持者の反論も盛り上がっていない。ロイターが行った世論調査によると、国民の79%がバイデン氏の勝利を信じ、「まだ選挙は終わっていない」と思う人が13%、「トランプ氏が勝った」と思っている人はわずか3%にすぎない。
 メディアもトランプ氏の抵抗を「不正を訴えるものの根拠がない」「往生際が悪い」と批判的な報道を行っている。これで「世論は2分」と主張するにはいささか無理があると思う。
 世を2分した選挙ということでいうと、2014年の伯国大統領選の方がはるかに切羽詰まっていた。
 当時、現職のジウマ大統領はアエシオ・ネーヴェス氏を振り切って2選を決めたが、このときの差はジウマ氏が51・6%の得票率でアエシオ氏が48・4%。差は伯国選挙史に残る僅差だが、「あれ? こんなに差があったっけ?」と言いたくなるくらい、結果が出た後の世の緊迫感が強かった。
 アエシオ氏は敗戦を最後まで認めず、ネット上も荒れに荒れ、その世論をマスコミが強く味方した。当時は前年にサッカーのコンフェデ杯時の一カ月続いたマニフェスタソンがあり、この選挙の少し前からラヴァ・ジャット作戦がはじまり政権が揺れていたためだ。
 このときに「PT(労働者党)政権憎し」の国民感情がほとばしり、それが2年後のジウマ大統領罷免にまでつながった。その「PT憎し」の感情は18年の大統領選でのボルソナロ極右政権の誕生にまでつながった。
 だが、国民の選択があまりに極端で、環境問題やコロナ問題で国際的感覚と明らかに真逆を行くなどの極端さが露呈され反対派の不満も爆発。二分化が長引き激化している。
 あの選挙のときに感じた「激動のはじまり」みたいなものが、今回の米国大統領選からは正直感じられず、むしろその逆に「何かの終わり」ばかりを感じてしまう。それはコラム子の気のせいだろうか。(陽)

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]
  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]
  • 東西南北2020年11月26日 東西南北  コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から […]
  • 東西南北2020年11月25日 東西南北  ボルソナロ大統領が社会自由党(PSL)を離党し「政党なし」となって1年以上が経過。その間、目指していたはずの市長選にも参加できず、政党実績がないままに2年後の大統領選に臨まねばならなくなった。23日に報じられたところによると、ボルソナロ氏の新党「ブラジル同盟」は現在も結党に必 […]