ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ブラジルでスポーツといえば、ほとんどサッカーで埋まるのが常。だが18日付現地紙は、ブラジルが生んだ伝説のボクサー、エデル・ジョフレが1960年11月18日に世界バンタム級チャンピオンに輝いたことと、それから60年が経過したことを大きな記事で伝えた。ジョフレといえば日本でもおなじみのボクサーで、ファイティング原田とのタイトルマッチを2度行って負けたが、ボクシング史上に残る死闘を繰り広げたボクサーとして知られている。特に、65年の第1回目の対戦は日本での視聴率が54・9%を記録し、伝説の試合となった。当時のブラジル日系社会の心境たるや、複雑だったのでは。ジョフレは73年にフェザー級で2階級制覇。現役時代に喫した2敗は原田によるものだけだった。
     ◎
 17日に敵地で行われたサッカーの南米予選、強敵の対ウルグアイ戦で、ブラジル代表はアルトゥールとリシャルリソンのあげた2点を守りきり、2―0で快勝した。ネイマール、コウチーニョ、カゼミロ抜きの苦しい状況を乗り切り、セレソンはこれで4連勝。堂々の首位に立っている。次節は間隔が少し空いて、来年3月となる。その頃までにコロナがどうなっているか。ドリア・サンパウロ州知事のもくろむコロナバックの一般向け接種ははじまっているか。
     ◎
 11月の感染者、死者増加で「第二波到来か」(第一波すら終わっていないとの声も)と囁かれているコロナ。第二波がすでに巻き起こっている欧州ではロックダウンは実施しても、サッカーの試合を中止にしているような国はない。そうした生活習慣への対処をどうするか。経済的にもクリスマス前は商業活動を認めてほしいところだが。今後、気になるところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 東西南北2020年11月18日 東西南北  15日の統一地方選でボルソナロ大統領が惨敗したことは昨日付本面でも触れたが、大統領前夫人のロジェリア氏も、リオ市議選でわずか2034票しか集められず落選。また「アサイ販売人のボルソナロ氏の幽霊職員」として話題を呼んだヴァル・ド・アサイ氏もアングラ・ド・レイス市の市議選に出馬し […]
  • 東西南北2020年10月27日 東西南北  ハロウィンもまだ終わっていないのに、サンパウロ市セントロの3月25日通りや市内の各ショッピングセンターではもう、クリスマス商戦がはじまっている。場所によってはもうクリスマスツリーが飾られているし、パネトーネも店頭に並びはじめて久しい。例年よりもかなり早い展開だ。関係者はその理 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 東西南北2020年9月3日 東西南北  リオ市議会は3日に、マルセロ・クリヴェラ市長に対する罷免請求を受け入れ、罷免審議を始めるか否かの投票を行う。同市長への罷免請求は、昨日付本面でも報じた、マスコミが批判的な報道をしないよう、監視、妨害活動を行っていたグループ「クリヴェラ親衛隊」の捜査が行われたことで提出された。 […]