ホーム | 日系社会ニュース | JH=新機軸「日伯散策」12月6日=日伯所縁の地を歩いて巡る=125周年「生中継を視聴して」

JH=新機軸「日伯散策」12月6日=日伯所縁の地を歩いて巡る=125周年「生中継を視聴して」

来社した一行。左から池田副領事、クルッグ館長、栗田クラウジオさん

来社した一行。左から池田副領事、クルッグ館長、栗田クラウジオさん

 日伯外交樹立125周年を記念して、ジャパン・ハウス(エリック・クルッグ館長)は12月6日午前10時から「カミーニョス・ブラジル・ジャポン」(日伯散策)を開催する。サンパウロ市の日本移民や日本文化に所縁のある場所を歩いてたどりながら、それをオンライン(https://www.japanhousesp.com.br/)で生中継するハイブリッドなイベントだ。関係者が16日に来社して主旨を説明、視聴を呼びかけた。


 クルッグ館長は「ジャパン・ハウスの来場者の10~15%は日系人。1%の人口比からすれば相当高い。日系人はパウリスタ(サンパウロ州人)のDNAに組み込まれている。125周年を機にその歴史を歩いて振り返り、その様子をオンラインで実況中継して皆さんに見てほしい」と意欲的に語った。
 当日は、感染対策として6人ずつの少人数で散策する。それが6グループ作られ、それぞれ別のコースを歩く。必ず日本移民や文化に所縁の場所を数カ所含めたコースになっており、あちこちでガイドや語り部が待っていて解説する趣向になっている。カメラマンが同行してその様子をネットで生中継し、視聴者にも楽しんでもらう。それぞれ1時間半ぐらいで4キロほど歩いて最後はJHに集合する。

夜のジャパン・ハウスの様子

夜のジャパン・ハウスの様子

 例えば、日伯の歴史をたどるコースは「メモリアス(記憶)・ブラジル・ジャポン」と名付けられ、ニッケイ新聞社から出発。上塚周平立像のあるラルゴ・ダ・ポウボラ、移民史料館、ブラジル日本文化福祉協会、ブラジル日本県人会連合会などを通ってジャパン・ハウスまで歩く。
 他に日本食レストランを中心に散策する「ガストロノミア」、日本由来のスポーツに関係した場所を回る「スポーツ」、日系芸術家やその作品を鑑賞する「アルチ・エ・クルツゥーラ」、最新の日本文化に関係した「アトゥアリダーデ」などのコースがある。それぞれ最寄りの県人会館に立ち寄り、県のアピールを聞く予定。
 散策する様子は、同行カメラマンが撮影して、JHサイトから生中継される。視聴者は、自分の好きなポイントをつまみ食いするように、あちこち見ることができるという。
 クルッグ館長は「この動画はJHサイトからいつでも見られる。すでに200万人に来館してもらっているが、デジタル化することでさらにジャパン・ハウスの活動を幅広い層に知ってもらいたい。ブラジル全体、他の国からも見てほしい。来年パンデミックが収まっていれば、もっと大人数で開催できればと思っている。毎年の恒例イベントにしたい。この散策コースが将来、サンパウロ観光のモデルコースになることを期待している」と語った。

 

■大耳小耳■関連コラム
    ◎
 ジャパン・ハウスは10月20日に再開館すると同時に、2つの展示企画を始めている。1階では若手デザイナー小泉智貴氏の「トモ コイズミ幻想的な宇宙」展を21年1月10日まで開催。本展のために特別制作された3点を含む13着が展示される。2階では写真家・石川直樹氏の『ヤポネシア(Japonesia)』展が1月3日まで開催中。中南米でも初めてとなる同氏の展示に際し、作品案内音声の原稿を石川氏自らが執筆。作品制作課程や様子を通じその土地への思いを馳せる事ができる企画となっている。両展示ともに入場無料。JH来館事前予約については予約専用ページ(https://agendamento.japanhousesp.com.br/)から予約できる。

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成2015年8月13日 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成  サンパウロ大学(USP)や関係学会により、10~13日まで開催されている日本語教育に関する国際シンポジウム『EJHIB2015』の事前行事として日本語教師向けワークショップが9日、ニッケイパレスホテルであった。早稲田大学中川千恵子、東京大学大学院峯松信明両教授が講演を行った。 […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • 在サンパウロ総領事館=栄えある外務大臣表彰を伝達=個別にオンラインで授賞式=「皆さんの支えのおかげ」2021年5月27日 在サンパウロ総領事館=栄えある外務大臣表彰を伝達=個別にオンラインで授賞式=「皆さんの支えのおかげ」  【既報関連】在サンパウロ総領事館(桑名良輔総領事)は、5月10日~18日にかけて「令和2年外務大臣表彰」サンパウロ管内の受賞者9人に、オンラインで個別授賞式を開催した。その内の4人に受賞した現在の気持ちを電話取材した。  サンパウロ州立交響楽団の児童合唱団指揮者で「エコ […]
  • 《記者コラム》韓国人移民秘話―コチア産組が初入植のお膳立て2021年5月26日 《記者コラム》韓国人移民秘話―コチア産組が初入植のお膳立て  「ブラジルに来た初期の韓国人移民を、実は日本人移民がお膳立てしたという秘話もあるんですよ」と、サンパウロ在住の石井久順(ひさのぶ)さん(82、北海道、1960年渡伯)から一本の電話が入った。ニッケイ新聞で今年1月28日から2月26日にかけて連載された『アジア系コミュニ […]
  • 石川直樹写真展=JH展示を初めて巡回=パラナ州クリチバMONで2021年2月23日 石川直樹写真展=JH展示を初めて巡回=パラナ州クリチバMONで  サンパウロ市のジャパンハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)で1月29日まで公開された石川直樹『ジャポネシア(JAPONESIA)』展が、初の試みとしてパラナ州クリチバ市のオスカー・ニーマイヤー美術館(MON)でも一般公開されている。2月11日から4月 […]