ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第86話

中島宏著『クリスト・レイ』第86話

 そこにあるものは、ブラジルのカトリック教会とは変わった形のものであり、イエス・キリストの像にも、同様の変化を読み取ることができる。では、それはキリスト教のものではないかと問われれば、明らかにそこには間違いなくキリスト教が存在する。
 しかし、同時にそこには、ブラジルのカトリック教会のものと一致しないという側面がある。少なくとも、表面的なものだけからいえば、このクリスト・レイ教会は、その外観から内部の雰囲気まで、まるで異国のものを見ているという感じすらある。
 もしマルコスが、アヤを始めとする、この地区の住民たちとの接触がまるでないという状態で、この教会を突然見せられたとしたら、おそらく、その内容の意味がよく分からなかったであろう。
 無論それは、醜悪なものを見るというような性質のものでは決してないが、それは何か次元の異なる世界を覗いたような感覚に近いものであった。確かに、ここにあるものは、古代ローマの時代から受け継がれてきた形のものであり、いわゆる、初期のキリスト教の聖堂を伝統通りに踏襲している形のものであるから、たとえば身廊と交差廊とを造ることによって、十字形を成すという基本を持った建築物であるという点では、まさにローマ カトリックそのものであることは理解できるのだが、そこに漂う明るさと自由な雰囲気には、どこか異質のものさえ感じられる。
 クリスト・レイ教会の持つ不思議さは、そんなところにあった。
 宗教に詳しくないとはいうものの、生まれてからのカトリック信者であるマルコスは、当然、カトリック教会の形とか佇まいとかは、すでに馴染みのものであり、それ以外のものにはかつて触れたこともなかったから、この教会の異質な世界には、正直なところ、ある種の驚きと好奇心さえ抱くことになった。ただ、彼の場合はアヤとの会話によって、彼ら隠れキリシタンの人々の歴史的な背景を知ることができたから、そこから、この教会の持つ形が少しずつではあるが理解できるようになっていた。

 さて。平田アヤと、マルコス・ラザリーニの会話は、二人が定期的に会うことによって、あちこちに場所を変えつつ、さらに続いていった。おそらく、この種の対話は際限がなく、いつまでも、どこまでも続いていくのであろう。それは、純然たる宗教論であったり、若さゆえの青春の理想論であったりした。
 しかし、それにしても、これだけの会話が途切れることなく継続していくには、それなりの思考力と、それに劣らないほどの情熱と持久力を必要とするのだが、どういうものかそれは、アヤにもマルコスにも同じように備わっていたというべきであろう。このようなことが常に起きるものとはいえず、この二人の間にはお互いに何か引き合う力が働いていたようであった。
 そこには、青春というものが持つ独特の心情風景があったであろうし、若さだけが持つ、ひたむきさと情熱とが相交えるようにして存在していたということであったかもしれない。いずれにしてもそこには、二人にとって今まで経験したことのない、新しい境地に踏み込んでいくというような緊張と高揚感とがあった。
 しばらく、その二人の会話を紡いでいくことにする。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 好評な「バテ・パポ・エン・ジャポネス」2017年2月22日 好評な「バテ・パポ・エン・ジャポネス」  言語学習者にとって母語話者と交流することは大事な機会だ。ブラジル日本語センターで毎月曜に行われる「バテ・パポ・エン・ジャポネス(日本語で世間話)」は、ブラジル人日語学習者が日本人と実際に会話する場だ。開始からすぐに参加者が増え、今では人数を抑えるためあまり広報していないそう。 […]
  • 31歳、ジョナスの挑戦=ポルトガルリーグの得点王2016年3月24日 31歳、ジョナスの挑戦=ポルトガルリーグの得点王  2018年ロシアW杯出場を目指し、南米予選を戦っているブラジル代表のFWジョナス(31)は、ポルトガルの名門ベンフィカで今期、27試合29得点の活躍で代表に招集されたが、そんな彼が、プロのキャリアを諦め、薬局に勤める寸前だった事を23日付エスタード紙が報じた。 ポルトガルリー […]
  • 大耳小耳2007年4月3日 大耳小耳 2007年4月3日付け […]
  • 【ブラジル】《ポ語話す孫に沢庵薄く切る》など秀作に感銘2017年8月25日 【ブラジル】《ポ語話す孫に沢庵薄く切る》など秀作に感銘  「最近はえらい騒がしいようですが、北鮮(北朝鮮)は昔とても良い国でした。野原には桜草、ヒメユリ、鈴蘭がたくさん咲いていました。本当にキレイな国。朝鮮戦争が起きて、とても気の毒。私は朝鮮で生まれましたから、良い句だなと思ってこれを採らせてもらいました」―選者・富重久子さ […]
  • JICA=「どんな最期を迎えたいか?」=超高齢化社会日本の在宅医療=日系社会にオンライン指南2020年10月24日 JICA=「どんな最期を迎えたいか?」=超高齢化社会日本の在宅医療=日系社会にオンライン指南  「しっかりと死に向き合った上で、本人がどの様な最期を迎えたいと思っているかを考えるのが重要です」――医療法人ゆうの森理事長で、当日の講師を務めた永井康徳医師は、在宅医療において重要な点をそう説明した。ブラジル時間の19日(月)20時、高齢化が進む日系社会に対し、独立行 […]