ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ワクチン問題が政権存続左右する=保健相との会議前に知事が明言

《ブラジル》ワクチン問題が政権存続左右する=保健相との会議前に知事が明言

サンタカタリーナ州の市の連盟とブタンタン研究所の間でのワクチン供給契約署名式(Governo de Sao Paulo)

 新型コロナの予防接種ワクチンの選定や接種開始時期に関する問題が、多くの国民の関心事となっている中、保健相が8日に開催した知事と政府との会合に先立ち、ボルソナロ大統領に辛口の批評をした知事がいた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ