ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 11月に行われた市長選で再選したばかりのブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、9日に癌治療の経過を見るための検査を受けた。癌発見は昨年で、化学療法を終えた後も癌が消滅しきらず、今年2月に免疫療法を始めていた。今回の検査によって、免疫療法の効果が出ていることが確認されたが、来週から数週間は、放射線療法も並行して行うことになった。シリオ・リバネス病院によると、免疫療法に要する時間は1回につき30分ほどで、副作用が少なく、もっとも穏やかなタイプの治療だという。同市長の場合、三つあった腫瘍の内の二つは化学療法で消滅したが、最後の一つの治療が続いている。病院側によると、現在の体調は良好とか。1月の再就任を前にすべて消滅させたいところ。
     ◎
 マラドーナの急死も記憶に新しいが、ちょうど2週間後の9日、1982年のW杯の英雄、イタリア代表のパウロ・ロッシが亡くなった。「ブラジル処刑人(carrasco do Brasil)」と呼ばれた、当地のサッカー好きにはトラウマのような選手だ。というのも、ロッシといえば、同年のW杯でジーコ、ソクラテス、ファルカン、トニーニョ・セレーゾの「黄金カルテット」を擁するブラジル代表(セレソン)と対峙した際、1人で3得点をたたき出し、3―2でセレソンをねじ伏せたことが伝説的に語り継がれているからだ。ロッシはまだ64歳だったが、肺がんを患い、世を去った。若い死が続くのはつらい。
     ◎
 10日のサッカーのリベルタドーレス杯準決勝第1試合。サントスは敵地でのグレミオ戦に臨み、前半に18歳のカイオ・ジョルジェが入れた得点で終始リードするも、最後の最後で35歳のベテラン、ジエゴ・ソウザに得点を許し、逃げ切れずに引き分けた。次戦は16日。本拠地ヴィラ・ベルミロで勝ち、準決勝進出を決めたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年12月18日 東西南北  サンパウロ州が17日、サンパウロ市モノレール17号線の工事再開を宣言した。工事担当の建築企業体と新たな契約が交わされたためだ。同線はコンゴーニャス空港からCPTM9号線モルンビ駅までと、地下鉄5号線カンポ・ベロ駅までをつなぐもの。当初はサッカーW杯の行われた2014年完成の予 […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]