ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 グローボ局のノヴェーラで「おばあちゃん女優」として有名なニセッテ・ブルーノが20日、リオ市南部の病院の集中治療室でコロナウイルス感染症により亡くなった。87歳だった。1933年生まれのニセッテは20代だった50年代に夫と共に劇団を旗揚げし、テレビ草創期のノヴェーラでも活躍。グローボには81年から出演し始め、常連出演者となった。2007年に74歳で演じた「セッテ・ペカードス」でのジュジュ役が当たり、「サウヴェ・ジョルジェ」(2013)「アイ・ラヴ・パライゾーポリス」(2015)などのヒット・ドラマなどでもおなじみになっていた。21日に葬儀と埋葬が行われている。
     ◎
 19日付本紙でも報じたイザ・ペナ聖州議に対するセクハラ問題は週末もずっと話題になっていた。そんな中、ボルソナロ大統領支持で有名なジル・ジニス州議が「セクハラを一般化し、政治的な舞台にしている」との言葉でフェルナンド・クリー州議を擁護しようとして、波紋を呼んだ。ジニス氏は「反連邦議会、反最高裁」の反民主主義行為に加担したことで、社会自由党(PSL)を除名されている。クリー州議は極右政治家ではなく、同州議が実際にイザ氏の体に触った場面が録画されたのは事実。応援してほしくない人物からの擁護だったら、けっこう迷惑?
     ◎
 20日のサッカーの全国選手権。フラメンゴがバイアに4―3で勝利し、2位に浮上。試合のなかったサンパウロに勝ち点5に迫った。また、この試合でフラメンゴのジェルソンに、「黙れ、ニグロ」などの侮蔑発言を行ったとして、バイアのラミレスが出場停止処分を受けた。ラミレスはコロンビアからの助っ人選手だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ボルソナロ「本音では助成金欲しいんだろ」工場閉鎖のフォードにあてつけ=業界「ブラジル・コストが問題」と反発=無策ぶり批判する声も2021年1月15日 《ブラジル》ボルソナロ「本音では助成金欲しいんだろ」工場閉鎖のフォードにあてつけ=業界「ブラジル・コストが問題」と反発=無策ぶり批判する声も  ボルソナロ大統領は12日、米国の自動車大手フォードがブラジルで生産終了すると発表したことについて訊かれ、「彼らは隠しているが、本当は助成金が欲しかったんだ(Faltou a Ford dizer a verdade, né? Querem […]
  • 特別寄稿=新しいブラジル日系社会の夜明け=ニッケイ新聞を応援する会発足 アチバイア在住 中沢宏一2021年1月8日 特別寄稿=新しいブラジル日系社会の夜明け=ニッケイ新聞を応援する会発足 アチバイア在住 中沢宏一 サビアーの鳴き声とともに朗報  私はコロナ禍自粛生活に入って早寝早起きで、二時には目が覚める。ニッケイ新聞デジタル版のニッケイ社会ニュースを見ていたら [ニッケイ新聞/ニッパク新聞を応援する会]が目にとまりました。  代表世話人・矢野敬崇、世話人・下本八郎 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]
  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]