ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》医療崩壊中のリオで500人のパーティを開こうとしたネイマールの品格

《記者コラム》医療崩壊中のリオで500人のパーティを開こうとしたネイマールの品格

ネイマールとフラヴィオ氏(Instagram)

ネイマールとフラヴィオ氏(Instagram)

 「本当に何歳になっても成長しないな」。年末年始のネイマールの行動を見るにつけ、そう思わざるを得なかった。
 ネイマールは2020年の年越しパーティを、医療崩壊中のリオのコンドミニオ(隔離された高級住宅地)で100人以上の招待客を呼んで行った。コロナ禍が世界中で恐れられている中、この人数だけでも呆れるが、当初の予定では500人ほど呼ぶつもりだったというから、開いた口が塞がらない。
 このパーティの件でさんざん叩かれたネイマール。その騒動の余韻が残る1月3日、今度はボルソナロ大統領長男のフラヴィオ上議と一緒に写真に写り、それを自身のインスタグラムにあげた。
 フラヴィオ氏といえば、昨年の国内ニュースでもっとも報じられたことのひとつ、“ラシャジーニャ疑惑”の渦中の人物で捜査を受けている真っ最中。「大統領は支持してもフラヴィオ氏は許せない」とする人も少なくない中でのこの行為。
 これには彼のファンの中でも「ネイマールをキャンセル(ツイッターなどのフォローをやめる)しよう」との大きな動きが起こったほどだ。
 それにしてもネイマールは成長しない。彼が17〜18歳の若さで一躍、「セレソンの次代のエース」と騒がれたときから、髪型をはじめとしたオシャレ好きなところや芸能人などとの派手な遊びっぷりは批判の対象となっていた。
 だが、そのときから「遊んでも試合で結果を出してくれればそれでいい」という世間の風潮があった。
 そうした寛容な後押しに応えるかのように、彼は試合になると結果を残し続けた。「火事場の馬鹿力」なのかどうかはよくわからないが、以前からマスコミからの批判が高くなれば高くなるほど結果を残し続けた。その結果、FIFA世界最優秀選手賞で第3位を2回とるほどの大物選手にはなった。
 だが、そこまでの選手になったならば、それにふさわしい「品格」が求められるもの。クリスチアーノ・ロナウドはそうした世間からの声に応えるように、チャリティや献血活動に熱心で、コロナウイルスに対しても積極的な「ステイ・ホーム」を呼びかけるなどして、その人格者ぶりを評価する声が高まっている。
 ところがネイマールからは、そうした品格面での評価というものが全く聞こえてこない。政治的趣向性が保守的なことは伯国サッカー選手に伝統的に目立つことではあるが、ネイマールから社会的なことでの意見が聞こえてくるのは、せいぜい黒人選手に対しての共感程度のもの。
 いつまでたっても「遊んでもゲームで結果を出せばいいだろ」の繰り返しのまま。今回の年末年始の騒動でも世論は全く耳に入っている感じはしない。
 このままではサッカー選手を終えたあとの彼の人生が気になるところだ。もっとも、引退後の人生が破綻したとしてもマラドーナは常に「弱者の味方」のイメージで愛され続けたものだが、ネイマールはどうなるか。(陽)

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • 東西南北2021年1月8日 東西南北  6日に米国ワシントンDCの連邦議会議事堂で起こったトランプ大統領支持者たちによる暴動事件は、「民主主義を脅かすもの」として全世界的に恐れられ、非難の的となった。だがブラジルで目立った意見は、「これは2022年のブラジルの姿だ」というもの。つまり、ボルソナロ大統領がこの年に行わ […]
  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • 東西南北2020年11月19日 東西南北  ブラジルでスポーツといえば、ほとんどサッカーで埋まるのが常。だが18日付現地紙は、ブラジルが生んだ伝説のボクサー、エデル・ジョフレが1960年11月18日に世界バンタム級チャンピオンに輝いたことと、それから60年が経過したことを大きな記事で伝えた。ジョフレといえば日本でもおな […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]