ホーム | ブラジル国内ニュース | 今年のリオのカーニバル中止か=「ワクチン打ち終わった22年に」とパエス市長

今年のリオのカーニバル中止か=「ワクチン打ち終わった22年に」とパエス市長

17年のリオのカーニバルより(Fernando Grilli/Riotur)

 リオのエドゥアルド・パエス市長は21日、今年のリオのカーニバルの開催に関して「開催は不可能」との見解を示した。カーニバルは市が主催するイベント。21日付現地サイトが報じている。
 同市のカーニバルは当初、2月13〜16日に行われる予定だったが、コロナ禍の影響で、予防接種の実施を条件に「7月開催」と変更されていた。日程変更時、スペシャルグループのパレードは7月11~12日に予定されていた。

 だが、パエス市長はこの日、SNSを通じ、今年のカーニバル開催の可能性について言及。「私のカーニバルへの情熱は隠しようがないほど大きなものだし、カーニバルが市の経済に与える効果だって莫大なものだ」としながらも、「だが、今の状況を見ると、7月に開催できるとは到底思えない」と発言した。
 このパエス市長の発言に対し、エスコーラなどの関係者たちも、軒並み賛同を表明している。
 パエス市長はカーニバルの開催を、「全市民がワクチンを打ち終わった2022年に」との意向を示している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》リオ市=規制違反の店営業停止に=最初の週の2晩だけで14軒2021年2月16日 《リオ市》リオ市=規制違反の店営業停止に=最初の週の2晩だけで14軒  新型コロナの感染再拡大でカーニバルの期間中も3密を避けるように指示している自治体が多い。その一つリオ市では、12日夜から14日未明までの2晩で14軒の店が営業停止処分を受けた。  例年ならカーニバル直前の金曜日からは観光客やサンバを楽しむ市民で賑わう同市だが、今年は […]
  • 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?2021年2月16日 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?  新型コロナの感染拡大抑制、減速化のため、各地でカーニバルのイベントがキャンセルされている。これにより、全国では最低81億レアルの損失が生じるという。  全国財・サービス・観光商業連合(CNC)が昨年の実績を基に試算したもので、交通費や宿泊費、食費、物品購入費、レクリ […]
  • 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に2021年2月6日 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に  リオ市役所が5日、例年ならばカーニバル恒例のパレードやブロッコの行進などが行われる2月12~22日のイベントや露店販売、観光客を乗せた乗り物の市内乗り入れなどを禁止すると同日付官報に掲載した。  エスコーラ・デ・サンバや主だったブロッコは既に、2月のカーニバル期間中 […]
  • コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年2020年12月29日 コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年  2月25日にブラジルで最初の新型コロナ患者が確認され、3月17日に最初の死亡が確認され、ブラジル社会の緊迫度が一気に上がった。同21日にジョアン・ドリアサンパウロ州知事が緊急記者会見を開いて非常事態宣言をし、24日から「2週間のクアレンテナ」(外出自粛)を行うと発表した。4~ […]
  • リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に2020年12月17日 リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に  リオ市のエスコーラ・デ・サンバ独立リーグ(Liesa)が14日午後、21年7月11、12日の両日に予定されているスペシャルグループの行進(デスフィーレ)の順番を決めた。  新型コロナの感染拡大を防ぐため、抽選は各エスコーラの代表だけが参加して行われた。  11日の […]