ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》年金受給者の生存証明免除=コロナ禍で2月末まで延長

《ブラジル》年金受給者の生存証明免除=コロナ禍で2月末まで延長

国立社会保障院(Marcello Casal/Agencia Brasil)

 国立社会保障院(INSS)から年金や恩給を受け取っている人への生存証明免除期間が2月一杯まで延長された。
 コロナ禍のため、20年3月以降、生存証明を行えずにいる人達が安堵に胸をなでおろすであろうこの情報は、20日付連邦官報に掲載された。
 生存証明提出義務の免除措置の延長は、国内外に住む年金や恩給の受給者が対象となる。年金や恩給の受給者は、INSSと銀行ネットワークとの間で結ばれた日常的及び契約上の義務として、銀行での生存証明を行わなければならない。
 存在証明は毎年行わなければならないが、高齢などが理由のハイリスクグループの中には、コロナ禍の中で出かける事にためらいや恐怖心を覚える人も多かった。

 そこで、20年8月からは、80歳以上の人と運動機能の落ちた人に関しては、Meu INSSというアプリか、INSSの公式サイトでも生存証明ができるようになった。運動機能障害があるためにアプリやサイトを利用したい人は、医師の診断書か証明書が必要だ。この場合、全ての書類はインターネット上でまとめられた上、INSSに送付される。
 また、予備役軍人や軍の年金や恩給の受給者、政治的な恩赦を受けた軍人、誰かに扶養されている軍人の場合は、生存証明提出義務が6月末日まで免除される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領2021年2月27日 《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領  昨年2月26日の新型コロナの初感染者確認から丸1年。この24日には死者数が25万人の大台を超え、7日間の平均死者数が過去最多を記録して昨年のピーク時よりも明らかに酷い記録を更新中の25日、ボルソナロ大統領は今更ながらにマスク着用に否定的な発言を定例ライブで語り、メディ […]
  • 《ブラジル》失業率が13・9%に低下=年間平均では統計史上最悪2021年2月27日 《ブラジル》失業率が13・9%に低下=年間平均では統計史上最悪  地理統計院(IBGE)が26日、20年第4四半期の失業率は13・9%で第3四半期の14・6%より低下したが、年間平均は13・5%で、12年の統計開始以降で最悪だったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  18年の平均失業率は12・3%、19年は11・9%で、失業率は低下傾 […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 特別寄稿=徒然の記―脳と心=コロナ禍時代の不安と悲しみ=聖市在住 上原武夫2021年2月27日 特別寄稿=徒然の記―脳と心=コロナ禍時代の不安と悲しみ=聖市在住 上原武夫 芯からの愛の心  人間誰にも脳と心がある。真心、見せ掛けの心、欲心、悪心、様々な心がある。それを見抜くのが脳である。  先ずは親子愛の真心、どんな罪人の子でも親にとっては芯からの愛の心がある。目の中に入れても痛くないほど可愛い孫。  幼い頃からオジーオバーにす […]