ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ブラタクの絹は欧州でも人気=西半球では唯一の紡績工場

《ブラジル》ブラタクの絹は欧州でも人気=西半球では唯一の紡績工場

ブラタク製糸株式会社 (Bratac)のサイト(http://www.bratac.com.br/bratac/pt/index.php)

 農務省によると、パラナ州産の絹は国内の生産量の85%を占め、高品質の製品は高級品を好む欧州やアジアの市場にも輸出されているという。
 養蚕業はサンパウロ州やマット・グロッソ・ド・スル州でも行われているが、パラナ州には西半球で唯一の紡績工場(ブラタク製糸株式会社 、Bratac)があり、生産量の95%を国外に輸出している。
 この工場の製品の大半は、高級品志向のフランス、イタリア、日本を中心とする欧州やアジアに輸出されている。日本でも「BRATAC シルクカーディガン」などで有名だ。
 2019年の輸出量は432トンだったが、2020年はコロナ禍で、312トンに落ちてしまった。
 ブラジル産の絹は品質の良さで知られ、何世代にもわたる顧客もいる。顧客の多くは家族経営の企業や既存の顧客から口コミで品質などの情報を得た企業で、紡績工場側も顧客の必要や要求をよく知った上で対応できるという利点がある。
 ブラジルでの養蚕は日本人移民が入ってきた後の1930年代に始まった。現在は、パラナ州北部、中央部、北西部を中心とする地域の農家が家族単位で桑の栽培や蚕の世話をしている。養蚕には蚕や桑に適した気候が不可欠で、パラナ州に養蚕が根付いたのも同地の気候のせいだ。
 同州の農産物輸出を管理しているセルソ・ウルバノ・フィーリョ氏によると、ロンドリーナ地方の気温は蚕を育てるのに最も適した22~27度だという。

工場に運び込まれた繭(24日付G1サイトの記事の一部)

 昨年から養蚕に携わり始めたマルシオ&ジョジアネ・ピエツルザック夫妻は、「輸出用ならなおの事、細心の注意を払って世話をしないとね。うちの蚕の糸も輸出品の一部に含まれるはずだから」と語っている。
 糸を取るのに使われる繭は、4回目の脱皮を終えた後の蚕が糸を吐きながら作ったものだ。蚕は繭の中でもう1度脱皮してサナギとなるが、成虫になる前に紡績工場に運ばれる。工場に運び込まれた繭は、厳密な検査や分別の後、蒸気の熱で乾燥させる(蚕はこの時点で死ぬ)。繭はこの後も湿度や温度を厳密に管理した倉庫で1カ月以上に貯蔵され、その後に糸を採る工程に入る。
 シミやへこみがある繭は外すなどの選定作業後は、慎重に温度を管理しながら煮て糸を採る。一つの繭から採れる糸は1キロメートルを超える事もある。繰糸器に巻き取られた糸は太さや長さを調整しながら1本の糸に仕上げられるが、ここでも、弾力を失わないように糸を湿らせて柔軟処理をした後、大きな枠に巻き取り、湿度や温度を調整した部屋で寝かせるという丁寧な作業が行われる。(24日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》店舗数が7万5千も減少=零細・小規模企業が大半2021年3月2日 《ブラジル》店舗数が7万5千も減少=零細・小規模企業が大半  全国材・サービス・観光商業連合(CNC)が1日、新型コロナのパンデミックのため、2020年の店舗数は7万5千減少したと発表した。この数字は、開店店舗数と閉店店舗数の差だ。  閉鎖した店舗の98・8%は零細・小規模企業が占めている。店舗減少は全ての州で起きたが、上位3 […]
  • 《サンパウロ州》77歳以上の接種を3日から開始=全国の週平均死者数1200人超/日=最悪記録更新中、高齢者3密摘発も2021年3月2日 《サンパウロ州》77歳以上の接種を3日から開始=全国の週平均死者数1200人超/日=最悪記録更新中、高齢者3密摘発も  先週土曜日から80~84歳のワクチン接種を始めたばかりのサンパウロ州だが、この3日から77~79歳の接種も開始すると発表した。サンパウロ州政府の事前登録サイト(https://www.vacinaja.sp.gov.br/)で必要情報を書き込んだ上で最寄りの保健所(U […]
  • 東西南北2021年3月2日 東西南北  サンパウロ州では、80歳から84歳を対象とするコロナウイルスのワクチン接種が行われている。サンパウロ市の場合、5カ所のドライブスルーでは2月27日、468カ所ある保健機関では1日からはじまっているが、ドライブスルー会場の初日は実に5時間待ちとなるほどの長蛇の列ができ、大混乱だ […]
  • 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から2021年3月2日 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から 「創始者」と「最初の追随者」の役割を再認識  「これは日本語教育界だけでなく、日系社会全体で共有すべき考え方だ」――2月27日にオンライン開催された「南米全伯日本語教育会議‐本会議」での水上(みずかみ)貴雄さん(海外日系人協会 […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]