ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁が連邦警察に保健相捜査を許可=マナウス医療崩壊の責任を追求=この期に及んでクロロキン推奨も

《ブラジル》最高裁が連邦警察に保健相捜査を許可=マナウス医療崩壊の責任を追求=この期に及んでクロロキン推奨も

パズエロ保健相(Tania Rego)

 最高裁のリカルド・レヴァンドウスキー判事は15日、連邦検察庁が提出していたエドゥアルド・パズエロ保健相に対する捜査要請を認め、連邦警察による捜査開始を承認した。同保健相はアマゾナス州マナウス市での医療崩壊の実態を知りつつ、対応を怠り、1月14日には酸素不足による患者の窒息死なども引き起こしたとして責任を追及されている。15、16日付現地紙、サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ