ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上院が大統領令に反旗=銃規制法緩和反対法案を準備

《ブラジル》上院が大統領令に反旗=銃規制法緩和反対法案を準備

 【既報関連】上院で、ボルソナロ大統領が公布した銃規制緩和に関する大統領令を無効にする法案を提出する動きが出ていると、16日付現地サイトが報じている。
 ボルソナロ大統領は12日に銃規制緩和に関して四つの大統領令を公布。この大統領令では、個人の銃保有数や銃登録の有効期間、銃弾の年間使用数などが大幅に緩和されており、治安関係の民間団体などからは暴力事件の増加を懸念する声や強い批判が出ている。
 政界でもすでに、マルセロ・ラモス上院第一副議長(自由党・PL)が「重要なことなのに議会を通さなかった」と強く反発している。この不満に呼応するように、エリジアーネ・ガマ上議(シダダニア)が、大統領令を無効にするための銃規制法案四つを提示した。

 「既存の法律の基準を制定するため」の大統領令は憲法でも認められており、議会の承認を必要としない。今回の大統領令は2003年に承認された「非武装憲章」に則ったものであるという立場を取っている。
 だが、ガマ上議は「今回の大統領令は既存の法律を歪め、行政府の権限を超えている」と指摘し、「改定基準は暴力事件を増やすことにつながりかねない。規定緩和は大統領の『好戦的な本能』によるもので、非人道的だ。銃産業への関心や犯罪時の自己防御という仮定によって国民の治安が犠牲になるのは正当化できない」と批判している。
 議会が規制緩和に反対する法案を承認しなかった場合、大統領令は官報掲載(12日)から60日後に発効となる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 児童に楽しい思い出を=聖南西でデイキャンプ2016年5月11日 児童に楽しい思い出を=聖南西でデイキャンプ  聖南西教育研究会(西田みどり会長)による『第12回低学年デイキャンプ』が先月25日、コロニア・ピニャール文協会館で開催された。加盟する聖南西地区の日本語学校8校から、9~12才の64人の生徒と20人の教師が参加し、1日中スポーツやゲームを楽しんだ。 午前9時半からの開会式では […]
  • リオ五輪=開幕まで100日切る=COBが聖火を受け取る2016年4月28日 リオ五輪=開幕まで100日切る=COBが聖火を受け取る  ブラジル五輪委(COB)委員長のカルロス・アルトゥール・ヌズマン氏は、8月5日の五輪開幕まであと100日となった27日、ギリシャの首都、アテネのパナシナイコ競技場にて、ギリシャ五輪委員長のスピロス・カパロス氏から聖火を受け取った。 また、開幕まで100日を記念して、世界各国の […]
  • 東洋マッサージェン鍼灸学校「治療会」2007年6月20日 東洋マッサージェン鍼灸学校「治療会」 2007年6月20日付け  東洋マッサージェン鍼灸学校は、七月一日午前八時から午後四時まで、同校(ジエデリッシェン街1000、V・グアラニー)で、奉仕的料金による鍼灸治療を行う。実費程度で五レアル。問合せは電話5592・1444。 […]
  • 東西南北2017年1月4日 東西南北  12月31日から元旦にかけて、サンパウロ州カンピーナスのヴィラ・プロスタ・デ・ソウザでの年越しフェスタの最中に銃を持った男が乱入、12人を射殺した上に、自殺する惨劇が発生した。射殺されたのは男性3人、女性9人で、上は85歳から下は8歳まで。犯人はシヂネイ・ラモス・デ・アラウー […]
  • 大耳小耳2005年9月22日 大耳小耳 2005年9月22日(木) […]